ニュース
» 2009年01月07日 00時00分 公開

DTraceをサポートした「FreeBSD 7.1」がリリース

DTraceをサポートする「FreeBSD 7.1-RELEASE」が発表された。標準スケジューラを一新し、複数のプロセッサの利用が可能になった。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 FreeBSD Projectは1月5日、「FreeBSD 7」系の最新の安定版「FreeBSD 7.1-RELEASE」を発表した。AMD64、i386、IA64、pc98、PowerPC、Sparc64に対応、同プロジェクトのWebサイトからダウンロードできる。スケジューラを一新し、モニタリング機能「DTrace」をサポートした。

 7系の安定版としては2バージョン目となり、デスクトップ環境はそれぞれ「KDE 3.5.10」「Gnome 2.22.3」が採用された。

 米Sun Microsystemsの「OpenSolaris」からモニタリング機能の「DTrace」をインポート、カーネル内部でサポートすることでシステム監視を強化した。これにより、パフォーマンスが改善するという。またi386およびAMD64の標準スケジューラに「ULE Scheduler」を採用、複数のプロセッサ/コアを効果的に利用できる。CPUバインディングとリソースのグルーピングや割り当てを行うシステムコールのcpuset(2)とcpuset(1)も追加した。

 ブートローダーでは、USBデバイスからのブートのほか、マスタブートレコード (MBR) に変わるパーティションスタイル「GUIDパーティションテーブル」 (GPT) からのブートも可能となった。また、「NFS Lock Manager(NLM)」クライアントも追加されている。

 各アーキテクチャ向けにISOイメージが用意されており、FTPやBitTorrent経由でダウンロードできる。最新版のセキュリティサポートは、2011年1月31日まで。

関連キーワード

FreeBSD | OpenSolaris | BitTorrent


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -