レビュー
» 2009年01月19日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:検疫ネットワーク再入門

検疫システムの持つ3つの機能要素「検査」「隔離」「治療」について問題点を読み解きながら、検疫システムの今後の方向性について考察する(提供:アイティメディア)。

[PR/ITmedia]

 検疫システムの目的は、決して「ワーム対策の特効薬」だけにあったわけでない。社内システムの高い安全性を確保するための手段として生み出されたシステムの1つだ。しかし、果たして検疫システムは企業のセキュリティを保持するために本当に使えるのか? この電子ブックレットでは、検疫システムが持つ3つの機能「検査」「隔離」「治療」を再確認し、問題点を明らかにするとともに検疫システムが企業セキュリティ対策のどの部分で役立つのかを解説する。

 その後で、ネットワークセキュリティにおける検疫システムの役割を振り返り、検疫システムに足りない機能や今後どのような機能が求められるのかを考察する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -