レビュー
» 2009年01月21日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:サーバ仮想化の本格導入を成功に導くストレージ/バックアップ戦略と運用管理とは?

ITコストの削減効果が期待されるサーバ仮想化だが、サーバ環境をファイルとして管理するため、導入と運用には物理サーバ環境と異なる要件が存在する。サーバ仮想化の本格導入に失敗しないための情報管理手法とは? (提供:EMCジャパン)

[PR/ITmedia]

 企業のITに対するコスト削減意識が高まる中、ITを効率化するための手段としてサーバ仮想化の注目度はますます高まっている。サーバ仮想化環境の全社的な本格導入を検討する企業が増える一方、従来の物理サーバ環境とは異なる要件が求められるため、本格導入のためにクリアしなければならない課題も多い。

 サーバ仮想化環境では、OSやアプリケーション、データがすべてファイルとしてストレージに格納されることになる。そのため、全社規模での本格導入を考えた場合、仮想化環境に適したデータ保護、バックアップ、災害対策、運用管理の方法を検討しなければならない。本ホワイトペーパーでは、こうした情報インフラストラクチャ上の要件を、課題解決に有効なソリューションを紹介しながら解説していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -