レビュー
» 2013年06月26日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:リサーチ会社が徹底比較! 仮想環境の管理で最も価値あるソリューションとは?

くのベンダーが仮想環境での最適化を主張する中、競合ソリューションの区別は困難を極める。リサーチ会社の米Taneja Groupは、10以上もの競合ソリューションを徹底比較した。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 サーバを仮想化しサーバ統合はできたものの、「運用管理が煩雑になった」「運用コストが下がらない」と悩む人は多い。無秩序に増える仮想マシンの管理、限られた物理リソースでの最適なキャパシティー管理、システムの数だけある管理ツール……。こうした問題が仮想環境の効率的な運用を妨げている。

 いうなれば、サーバ仮想化の導入効果は運用管理が肝といっても過言ではない。そのためには、物理から仮想までパフォーマンスやネットワークを統合的に管理・監視でき、パフォーマンス予測、ワークロードやキャパシティーおよび構成管理機能などに優れ、直観的なインタフェースを備える統合運用管理ソリューションが最適だ。

 ホワイトペーパーでは、仮想環境で高い価値を発揮する統合運用管理ソリューションを調査すべく、リサーチ会社の米Taneja Groupが10以上のソリューションを徹底比較している。特に、サーバ仮想化のリーダー企業であるVMwareの「vCenter Operations」を引き合いに、各競合ソリューションの優れている点と劣っている点をスコアリングしている表に注目だ。また、IT部門がベンダーを絞り込む上での推奨事項も記載している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -