ニュース
» 2017年07月21日 08時00分 公開

「しまった、間違えて社長にメール送っちまった……」クイズ! セキュリティ「20の事例」(6)(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

正解:1.送信前に確認した方がよい

 メールの宛先を間違えたために、うっかり機密情報を流出させてしまう可能性があります。

ミニ解説:メールの宛先は目視で確認を

photo

 企業の情報漏えいに多いのが、メールの宛先間違いによる誤送信で、重要な情報やファイルを誤って送ってしまったという事例です。

 重要な情報を外部に送ってしまうと、会社に大きな損害が及ぶことになりますし、場合によっては、送信者に法律違反の責任が問われる可能性もあります。たとえ、内輪のメンバー宛てのメールであっても、メール送信前に宛先を確認するのは最低限のマナーです。

 メール送信時には、入力内容を補完してくれるオートコンプリート機能を過信せず、宛先が間違っていないか目視で確認することや、複数の人に一斉同報する際に、面識のない人のメールアドレスが知られることを防ぐよう、宛先をBcc(ブラインド・カーボンコビー)に設定することなどに十分注意しましょう。

photo

この連載は?

photo

 MOTEXが作成したセキュリティブック『セキュリティ 7つの習慣・20の事例』から20の事例Q&Aを抜粋。若者からベテランまで、セキュリティの基礎をゆるーいクイズで振り返りましょう。新入社員の教育にも使えるかも? 皆さんなら、もちろん「全問正解」……ですよね?

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ