ニュース
» 2019年04月19日 12時00分 公開

Office 365を自動的に丸ごと無制限バックアップ、NTT Comがサービス提供開始

NTTコミュニケーションズは、Office 365のデータを自動的にバックアップするサービスの提供を開始した。バックアップデータは、無期限、容量無制限で保管する。ユーザーアカウントを新規追加した場合も、自動的にそのアカウントを検出してバックアップを開始する。

[ITmedia]

  NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は2019年4月18日、日本マイクロソフトの業務アプリケーション製品群「Office 365」のデータバックアップサービス「クラウドバックアップ」の提供を開始すると発表した。これは、Office 365の主要サービスのデータを1日6回まで自動的にバックアップし、万が一ファイルに障害が発生したときに専用のポータルサイトから復元できるサービスだ。

 NTT Comによると、最近は個人情報の適切な保管やBCP(事業継続計画)対策などに対するユーザーの関心が高まっており、メール以外のデータについてもバックアップしたいという要望が増えている。クラウドバックアップは、こうした要望に応えるために、米国でOffice 365のバックアップサービス提供実績が豊富なSkyKickと協業して提供するサービスだ。

photo 「クラウドバックアップ」専用ポータルサイトの画面イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)

 バックアップ対象のデータは、「Exchange Online」のメールデータや予定表、連絡先、「SharePoint Online」と「OneDrive for Business」、チャットデータ以外の「Microsoft Teams」に保存しているファイル。契約期間内であれば、無期限、容量無制限で保管できる。

 バックアップは自動で実施される。新たにOffice 365にユーザーアカウントを追加した場合も、自動的にそのアカウントを検出してバックアップを開始する。ファイルを復元するときは、メールやファイル、フォルダ、アカウントなどの単位で実施可能だ。

 なおNTT Comは、2020年にサポート終了となる「Office 2010」と「Windows 7」のユーザーに向けて、「移行サポートパック」をセットにしたプランも提供する。メール移行要件の聞き取りや、移行設計、専用移行ツールの設定、移行状況の監視に加え、移行先となるOffice 365の初期設定サポートや、管理者と利用者向けのトレーニングなどを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -