速報
» 2019年06月19日 10時45分 公開

「BlueKeep」の脆弱性、Windows 2000やVistaにも存在と判明 米国土安全保障省が確認

WannaCryの再来も危惧される脆弱性「BlueKeep」は、Windows 2000やVistaにも存在していることが分かった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 「WannaCry」のようなマルウェアに悪用される恐れがあるMicrosoft Windowsの脆弱(ぜいじゃく)性「CVE-2019-0708(通称「BlueKeep」)」が、「Windows 2000」や「Windows Vista」にも存在することが分かった。米国土安全保障省のサイバーセキュリティ機関CISAが、2019年6月17日に公開した脆弱性情報で伝えた。

photo BlueKeepについて伝えるCISAのページ。対象として新たに「Windows 2000」「Windows Vista」などが加わった(画像出典:CISA)

 Microsoftは、同年5月14日に公開した月例セキュリティ更新プログラムで、BlueKeepの問題を修正。その時点では、「Windows 7」「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」と、サポートが終了した「Windows XP」「Windows Server 2003」の各OSに同脆弱性が存在することを確認していた。

「今すぐに実行を」CISAが呼び掛ける4つの対策

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -