速報
» 2019年06月06日 12時00分 公開

WannaCryの悪夢再来はあるのか――「BlueKeep」に危機感強める業界 コンセプト実証映像公開で米国家安全保障局も警告

「WannaCry」の悪夢再来も予想される「BlueKeep」の脆弱性。危険すぎるMetasploitのモジュールの開発が伝えられ、米国家安全保障局(NSA)も対応を急ぐよう強く勧告した。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 かつて猛威を振るった「WannaCry」型のワーム出現が予想されるWindowsの重大な脆弱(ぜいじゃく)性「CVE-2019-0708」(通称「BlueKeep」)について、この脆弱性を悪用するコンセプト実証映像が2019年6月4日に研究者によってTwitterに投稿された。

 米国家安全保障局(NSA)は同日に、この脆弱性に関する警告を発し、Microsoftも再三にわたって更新プログラムの適用を促すなど、業界は一層危機感を強めている。

NSAのWebページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -