ニュース
» 2019年07月02日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:「技術が分からないセキュリティ専門家」ほどAIを欲しがる?

セキュリティ対策に人工知能(AI)技術を活用する動きが広がりつつある。その背景には何があるのか。企業はAI技術に何を期待しているのか。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 「マルウェアの検知率を高めたい」「マルウェアに侵入されても実害が発生しないようにしたい」――。企業のこうしたニーズに応えるべく、セキュリティベンダー各社が活用を進めるのが、機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術だ。従来型のパターンマッチングを基にしたマルウェア対策では防ぎきれない未知のマルウェアを認識しやすくしたり、侵入を許してしまっても早期に検知しやすくしたりする。

 こうしたAI活用型セキュリティ製品に期待する役割は、企業によってさまざまだ。現状のセキュリティ製品の限界を補う手段として捉える企業もあれば、セキュリティ人材やノウハウの不足に対処する手段として見なす企業もある。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料で、AI活用型セキュリティ製品に対する企業のニーズを整理する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -