ニュース
» 2019年07月09日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:クラウドERPを選ぶ理由とやめる理由 中堅中小企業、それぞれの選択

SaaS型ERPは必要なコンポーネントを適切なコストで利用できる実用的なツールだ。だがそれが常に最適な選択肢とは限らない。場所によってはオンプレミスを選択すべきかもしれない。その判断を分けるポイントを、事例を交えて紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 クラウドERPのメリットを挙げればきりがない。初期コストがお手頃で、インフラのメンテナンスやバージョンアップ作業の手間からも解放されて、いつでも最新バージョンを利用できる。専門家がいなくても、人工知能(AI)によるデータ分析のような先進技術を試しやすい。

 だが、クラウドERPがいかに実用的だからといっても、常に最適な選択肢だとは限らない。時と場所によっては従来のオンプレミスを選択すべきかもしれない。クラウドサービスは、ある種の制限をユーザーに強いる。その制限が許容できなくなったら、オンプレミスERPに戻るという選択をするのも妥当だ。

 本稿はクラウドERPのメリットと限界に焦点を当て、中堅中小企業がクラウドERPを選ばざるを得ない理由とはなにかを考察する。そして、クラウドERPをやめオンプレミスERPへの乗り換えを決断した、ある企業の事例を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -