速報
» 2019年07月10日 11時15分 公開

英当局、個人情報流出に135億円の制裁金通告 BAに続きMarriottにも

Marriott傘下のStarwood系列ホテルから利用客などの個人情報が流出した事件で、英当局はMarriottに対し、一般データ保護規制(GDPR)に基づいて9920万396ポンド(約135億円)の制裁金を科す意向を通知した。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米国のMarriott International(以下、Mariott)の系列ホテルから利用客などの個人情報が流出した事件を巡り、英情報保護当局の情報コミッショナー事務局(ICO)は2019年7月9日、同社が欧州連合(EU)の一般データ保護規制(GDPR)に違反したとして、9920万396ポンド(約135億円)の制裁金を科す意向を通知したと発表した。

Marriottの情報流出は2018年11月に発覚した Marriottの情報流出は2018年11月に発覚した

数億人規模の情報流出を確認済み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -