速報
» 2019年07月16日 09時04分 公開

サイバー攻撃に圧倒される世界のIT管理者 日本の課題は

日本を含む世界12カ国で実施した調査によれば、過去1年の間にサイバーセキュリティ攻撃の被害に遭ったというIT管理者は68%。多くの企業が、人材や予算不足で対応に苦慮しているという。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IT管理者はあらゆる方向から押し寄せるサイバー攻撃に圧倒され、対応に苦慮している――。英セキュリティ企業Sophosが2019年7月10日、日本を含む12カ国の企業のIT管理者を対象に実施した調査結果を発表した。

Sophosのグローバル調査結果 Sophosのグローバル調査結果(出典:Sophos

 調査は2018年12月〜2019年1月にかけて、北米と南米、欧州、アジア太平洋、アフリカの12カ国で従業員100〜5000人の企業に勤務するIT管理者3100人を対象に実施された。

世界的な傾向と、日本特有の課題とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -