ニュース
» 2019年07月19日 08時33分 公開

自社データの財務的価値を把握している企業は1割以下、機械学習やAIは「重要」と考えている ガートナー調査

ガートナーの調査結果によると、自社の情報やデータ資産の財務的価値を測定している割合は8%。機械学習やAIについては、多くの最高データ責任者が重要だと回答した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2019年7月18日、世界中の最高データ責任者(CDO)や最高アナリティクス責任者(CAO)といったデータやアナリティクス分野のリーダー257人を対象に、2018年9〜12月に実施した第4回CDOサーベイの結果を発表した。

ビジネスに関してDAチームに期待すること ビジネスに関してDA(データ/アナリティクス)チームに期待すること(3つまでの複数回答、1〜3位を集計して抜粋)出典:ガートナー

データの資産価値を客観的に評価する必要性とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -