速報
» 2019年08月06日 09時55分 公開

危険なランサムウェア「MegaCortex」の更新版出現、感染被害拡大の恐れも

「マルウェア作者はある程度のセキュリティと引き換えに、使いやすさや自動化を手に入れた」とiDefenseは分析する。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Accentureのセキュリティ部門iDefenseは2019年8月5日、欧州や北米で被害が出ている危険なランサムウェア「MegaCortex」の更新版が見つかったと伝えた。感染被害が拡大する恐れもあるとして警戒を促している。

より拡散リスクの高い「MegaCortex」の更新版が発見された より拡散リスクの高い「MegaCortex」の更新版が発見された(出典:Malwarebytesブログ

 iDefenseによると、これまでのMegaCortexは企業に狙いを定め、サーバやネットワーク上の重要なファイルを暗号化して、2万〜580万米ドル相当の身代金をビットコインで要求していた。

第三者による拡散も可能に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -