ニュース
» 2019年08月09日 08時33分 公開

最新の道路状況を基にAIで渋滞予測し、Android向けアプリへ提供 NTTの実証実験

NTTデータは、VICSによる最新道路状況に基づいてAIが予測した、高速道路の30分後と60分後の渋滞予測情報をエムティーアイの交通情報総合アプリ「乗換MAPナビ」向けに提供する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTデータは2019年8月8日、高速道路を対象に、30分後や1時間後といった“近未来”の渋滞状況を予測する実証実験を始めると発表した道路交通情報通信システム(VICS)による最新の道路状況に基づいて人工知能(AI)が近未来の渋滞予測をし、その情報をエムティーアイが運営する交通情報総合アプリ「乗換MAPナビ」のAndroid版に提供する。

左:現在の渋滞イメージ / 中:30分後の渋滞予測 / 右:60分後の渋滞予測(出典:NTTデータ)

 乗換MAPナビは、乗換案内や地図、時刻表などの交通情報を検索できる無料アプリである。NTTデータは近未来渋滞予測情報を、Android版乗換MAPナビの全国高速道路に提供する。乗換MAPナビ内に無料で使用できる「渋滞予測」欄を設けて30分後と60分後の高速道路渋滞予測情報を表示、5分ごとに更新するという。

 情報の提供期間は、2019年8月8日から12月31日を予定している。

事故渋滞や急な交通規制にも対応、将来的には一般道への拡大も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -