速報
» 2019年08月21日 09時06分 公開

次期バージョン「Edge」のβ版がリリース、脆弱性発見者に最大3万ドルの賞金

次期バージョン「Edge」のβ版がリリースに併せて、外部の研究者から脆弱性報告を募る「Microsoft Edge Insider Bounty Program」が発表された。脆弱性の発見者には賞金を贈呈する。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年8月20日、Webブラウザ「Microsoft Edge」(以下、Edge)次期バージョンのβプレビュー公開に合わせ、外部の研究者から脆弱(ぜいじゃく)性報告を募る「Microsoft Edge Insider Bounty Program」を発表した。脆弱性の発見者には最大で3万ドル(約320万円)の賞金を贈呈する。

Microsoft Edge Insider Bounty Program

 次期バージョンEdgeは、Googleのオープンソースブラウザプロジェクト「Chromium」をベースとするWebブラウザ。Microsoftは同日、WindowsとmacOS向けに初のβ版をリリースした。

Microsoft Edge Insider Bounty Programの詳細とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -