ニュース
» 2019年09月03日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:「iPhone使いならMac好き」は幻想? 「Chromebook」がスマホ世代に受ける理由

スマホ世代が職場で利用するデバイスは、本当に「Mac」や「Windows」搭載PCでいいのだろうか。セキュリティ、コスト、クラウドサービスの使いやすさなどから、こうした世代に適した業務用デバイスについて考える。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 現在の職場にいる若手従業員は「Android」スマートフォンや「iPhone」といったモバイルデバイスに慣れ親しんできた世代だ。モバイルデバイスは、PCと比べた場合に処理能力やストレージ容量に制限があることから、データの処理や保存をデバイスの外にオフロードできるクラウドサービスとの親和性が高い。モバイルデバイスに慣れた世代は、クラウドサービスの利用に抵抗がないどころか、むしろ積極的に利用する世代だと考えてよいだろう。

 モバイルデバイスやクラウドサービスを使いこなすこうした世代にとって、「Mac」や「Windows」搭載PCといった従来型デバイスが本当に適しているのだろうか。内部でのデータ処理や保存を中心としたこれらのデバイスよりも「Chromebook」のような、クラウドサービスの効率的な利用のために最適化されているデバイスの方が使いやすい可能性がある。

 本資料では、ChromebookとMac、Windows搭載PCを比較し、それぞれの業務利用の可能性について探る。自社のニーズに合ったデバイスの選定に役立ててほしい。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -