ニュース
» 2019年09月06日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:「Alexa、荷物は今どこ?」を現実に AIで生まれる「音声認識」の新たな用途

業務プロセスを抜本的に変革したいとき、音声認識の技術をどのように取り入れるかが重要だ。現実的なユースケースを紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 人工知能(AI)技術を取り入れた音声認識の機能は、複数のコミュニケーション手段を組み合わせたユニファイドコミュニケーションやコンタクトセンター、業務プロセスの変革などビジネスシーンで活用できる可能性が広がっている。

 音声認識を業務フローに取り入れることで、テキスト入力などこれまで手間のかかっていた作業を大幅に効率化できる。言語を用いた業務に幅広く活用できるため、そのユースケースは無限に広がるといっても過言ではない。AI技術と組み合わせれば、顧客とのコミュニケーションの効率化と品質向上を図ることも可能だ。

 本資料では、音声認識をどのようなビジネスシーンで利用できる可能性があるのかを紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -