速報
» 2019年09月11日 10時57分 公開

Flash Playerの更新版リリース、深刻な脆弱性を修正

今回修正された脆弱性は2件とも、Adobeの3段階評価で最も高い「Critical」に分類され、悪用されれば攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Adobe Systemsは2019年9月10日、Flash PlayerのセキュリティアップデートをWindows、macOS、Linux、Google Chrome OS(以下、Chrome OS)向けに公開し、2件の深刻な脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。

 今回修正された脆弱性は2件とも、Adobeの3段階評価で最も高い「Critical」に分類され、悪用されれば攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。

 優先度は3段階評価の中間となる「2」の位置付けで、現時点で脆弱性を突く攻撃は発生していないと思われる。

影響を受けるOSバージョンと、各社の対応は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -