ニュース
» 2019年09月19日 07時00分 公開

Oracle OpenWorld 2019:打倒AWSの切り札になるか Oracleがクラウドとデータベースを全世界で無料提供

「Oracle Cloud Free Tier」は、Oracle Cloud InfrastructureやOracle Autonomous Databaseの機能を一部無料かつ無制限で提供。エリソン会長は、発表にAWSへの強い対抗意識をのぞかせた。

[高木理紗,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Oracle創業者のラリー・エリソン会長兼CTO(最高技術責任者)は2019年9月16日(米国時間)、同社の新施策「Oracle Cloud Free Tier(以下、Cloud Free Tier)」を発表した。

 同施策は、全世界のユーザーに、同社のクラウドインフラストラクチャ「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」や機械学習を活用した自律型データベース「Oracle Autonomous Database(以下、 Autonomous Database)」の一部機能を無償で提供するもの。30日間、300ドル分の制限付きで、他サービスのトライアルも可能にする。

 「最後に皆さんにまだ伝えていない発表があと1つある。私の話はもうすぐ終わるが、あと1つだ」

 サンフランシスコで9月16〜19日まで開催する年次イベント「Oracle OpenWorld 2019(以下、OOW 2019)」の基調講演で、1時間以上話した後にエリソン会長が切り出した際、一部の観客からは失笑が漏れたが、同氏がCloud Free Tierの全容を明かすと、拍手と歓声が上がった。

「Oracle OpenWorld 2019」基調講演で「Oracle Cloud Free Tier」について発表する、Oracle創業者のラリー・エリソン会長兼CTO。メインの対象として企業の他に学生や開発者などを挙げた

クラウドやデータベースの他、各種機能を無料で提供――その詳細と思惑は

 「Always Free」として無期限かつ無料で提供される機能の詳細は以下の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -