連載
» 2019年09月24日 12時00分 公開

Microsoft Focus:社長不在の日本マイクロソフト 平野拓也氏の後任はいつ決まるのか

日本マイクロソフトの「社長不在期間」が4週目に突入した。2019年7月に平野前社長の退任と新ポスト就任を発表し、8月末には新年度の事業戦略を発表した裏側にある、グローバル規模の事情と新社長人事とは。

[大河原克行,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトの平野拓也前社長が2019年8月31日付で退任してから、3週間以上が経過した。この間、日本マイクロソフトは新社長を発表せず、社長不在の状態が続いている。

 新社長が発表されない背景には「外部からの登用が濃厚で、調整に時間がかかっている」といった事情があるとみられている。

 2019年7月に平野前社長の退任が発表された時点で、「8月中の新社長発表はないが、一方で、9月中には新社長が発表される公算が高い」とみられていた。だが、現時点では10月以降に新社長が発表される可能性が高くなっている。

日本マイクロソフトの平野拓也前社長が座っていた椅子。この後誰が座るのか。

 本来ならば、平野前社長の退任前に新社長が発表され、併せて会見が行われるのが正しい流れだが、そうもいかない事情があったようだ。

在任期間4年2カ月、平野前社長にとっても予想外だった新人事の裏側

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -