速報
» 2019年10月08日 12時00分 公開

アカウント攻撃で明らかになった乗っ取りの手口、Microsoftが警戒呼び掛け

攻撃者は、ターゲットに関する情報の収集に相当の労力を費やし、その情報を使って標的とするアカウントに攻撃を仕掛けていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年10月4日、ユーザーのMicrosoftアカウントを狙った集中的なサイバー攻撃が確認されたと報告した。攻撃は「Phosphorus」と呼ばれる集団が仕掛けたもので、Microsoftはイラン政府の関与を推定している。

Blog 攻撃の確認を伝えるMicrosoftのブログ

 Microsoftのブログによると、Phosphorusは2019年8月から9月にかけての30日間、Microsoftの特定のアカウントを狙って2700回以上も認証情報の特定を試み、そのうち241のアカウントに対して攻撃を仕掛けていた。

主なターゲットは政府関係者、不正侵入も確認

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -