速報
» 2019年10月29日 11時10分 公開

ハッキングコンテスト「Pwn2Own」、産業制御システムも対象に

Pwn2OwnはWebブラウザからモバイル端末へと対象を広げ、新たにIoTデバイスや産業制御システムも対象とする。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Trend Micro傘下のセキュリティ研究機関Zero Day Initiative(ZDI)は2019年10月28日、2020年1月にフロリダ州マイアミで開催するハッキングコンテスト「Pwn2Own」で、産業制御システム(ICS:Industrial Control System)を対象としたコンテストを実施すると発表した。

 Pwn2Ownは、ZDIが主催し、セキュリティ研究者などがハッキングの腕を競うコンテスト。2005年にWebブラウザを対象としたコンテストとして始まり、その後モバイル端末へと対象を広げた。2019年11月の東京大会は、ウェアラブル端末やテレビ、ルーターなどのIoTデバイスも対象とする。

攻撃者よりも早く脆弱性を発見、賞金総額は25万ドル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ