ニュース
» 2019年10月29日 14時00分 公開

RPA運用に不可欠な“ガバナンス”の作り方とは? UiPathとPwCあらたが公開

監査法人のPwCあらたとRPA製品ベンダーのUiPathが共同執筆した「RPAガバナンス構築のためのガイドライン」と「RPAガバナンスハンドブック」が公開された。RPA導入による目標・目的達成を、効果的かつ効率的、安心安全に実施できる仕組み作りを支援するとしている。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 PwCあらたとUiPathは2019年10月28日、企業のRPA(Robotic Process Automation)導入、利用に必要なRPAガバナンスの構築を支援する「RPAガバナンス構築のためのガイドライン」と「RPAガバナンスハンドブック」を策定し、一般公開を開始したと発表した。

 近年、業務効率化や生産性向上に向けてRPAを導入する企業が増える中、十分な管理体制や管理ルールを定めないままRPAを導入し、管理者不明の「野良ロボ」問題やロボット専用IDの不正利用などといったリスクが顕在化している企業もある。また、これらのリスクを懸念してPRA導入が停滞するケースや、実際にリスクが顕在化して導入目標を達成できないケースも出てきている。

RPAガバナンスの全体像からガバナンスマネジメントまで網羅

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ