ニュース
» 2019年11月01日 08時15分 公開

5Gは「『過度な期待』のピーク期」に ガートナーが「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表

ガートナー ジャパンは「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表。「『過度な期待』のピーク期」には5Gを、「幻滅期」にはAIを取り上げた。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2019年10月31日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表した。日本のITリーダーがデジタルビジネスを推進するに当たって重要な40種類のキーワードを取り上げた。

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年 日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年(出典:ガートナー ジャパン)

 「ハイプサイクル」とは、各種キーワードと、それらがどこまで市場に浸透しているかの関連性を、横軸を「時間の経過」、縦軸を「市場からの期待度」とする2次元の波型曲線で視覚的に評価したもの。ガートナーは、新しい技術やサービス、概念、手法などが登場してから市場に受け入れられるまでは、総じて同じ経過をたどるとしている。

今後、リアルな課題に直面する技術とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ