ニュース
» 2019年11月08日 11時30分 公開

プレミアムコンテンツ:医療データを「クラウドDR」で災害から守る5つのポイント

医療機関が災害に備えて医療データを保護する上で有効な手段となるのが、災害復旧(DR)にクラウドを活用することだ。クラウドベースのDRを導入する際に考えるべき5つのポイントを紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 自然災害の多い地域の医療機関は、損害に備え復旧計画を用意しておくことが重要だと認識している。IT部門が事前に講じる対策には、フェイルオーバーやバックアップの実施、IT機器を安全な場所に移動させることが挙げられる。とはいえ近年は電子カルテをはじめとしたさまざまな医療ITが広く普及しており、どんなに準備万端にしていても停電などの災害が発生したら、治療体制に大きな制約を受けることになる。

 医療機関にとって、自然災害が起こったときの大きな問題は、システム停止からいつ復旧できるかにある。災害復旧(DR)対策のためにクラウドにバックアップを置いておくのは、復旧をしやすくするための有効な手段の一つだ。ただしクラウドベースのDRを導入する場合には、考慮すべき5つの要素がある。本稿は、2018年9月にハリケーン被害を受けた米国の医療機関がどのような苦難に直面したかを振り返りつつ、クラウドベースのDRを採用する際に検討すべき要素を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ