ニュース
» 2019年12月03日 22時14分 公開

分散DB「GridDB v4.3」リリース、少ないサーバ台数でもペタバイト級データをミリ秒オーダーで処理可能に

IoTの利用が進むにつれ取り扱うデータサイズも増える。東芝デジタルソリューションズは分散DB「GridDB v4.3」の提供を開始した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IoT(Internet of Things)の活用が進むと端末が蓄積するデータサイズも増え、ペタバイト級のデータを効率よく管理できる仕組みが必要になる。だが数十台のサーバを束ねた大規模クラスタシステムを構築するとコスト面で課題が生じる。

 東芝デジタルソリューションズは2019年12月3日、分散データベース「GridDB v4.3」の提供を開始した。データ管理構造の最適化によってリソース使用量の大幅削減を図り、1サーバ当たりのデータベース最大サイズを増加した。

 GridDBは、「IoT指向のデータモデル」「高い性能」「高い拡張性」「高い信頼性と可用性」を特長とするスケールアウト型データベースだ。v4.3は、データベースのバッファ制御機能やクラスタ内のデータ配置機能、複合索引などの機能を強化して大規模データに対する処理性能を向上を図った。

 同社は今回の強化によって「要件に応じてスケールアウトだけではなくスケールアップの手段を組み合わせて、少ないサーバ台数でもペタバイト級データをミリ秒オーダーで処理できるようになった」とする。

GridDB 5PBのデータ管理をスケールアウトとスケールアップのベストミックスで構成した例(出典:東芝デジタルソリューションズ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ