ニュース
» 2019年12月05日 12時40分 公開

AWSが量子コンピューティングの利用環境を提供、「Amazon Quantum Solutions Lab」も開設

Amazon Web Servicesは、量子コンピューティングに必要なスキルを習得する機会を与える「Amazon Braket」と「Amazon Quantum Solutions Lab」、現実社会の問題を量子コンピューティングで解決することを目指す「AWS量子コンピューティングセンター」という3つの取り組みを発表した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2019年12月2日、「AWS量子コンピューティングセンター」「Amazon Braket」「Amazon Quantum Solutions Lab」という3つの取り組みを発表した。いずれも量子コンピューティング技術の推進に向けたAWSの計画の一環で、米ラスベガスで2019年12月2〜6日に開催されている年次カンファレンス「AWS re:Invent 2019」で明らかになった。

3つの取り組みの詳細とは

 AWS量子コンピューティングセンターは、現実社会の問題を量子コンピューティングで解決することを目標に、AWSと学術界の量子分野の専門家が協力して、量子コンピューティングの用途の研究や、その技術を使った長期的な課題解決に取り組む拠点だ。量子計算や量子情報分野のパイオニアであるカリフォルニア工科大学に設立する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ