ニュース
» 2019年12月27日 04時00分 公開

プレミアムコンテンツ:枯れたはずのDWHが「クラウドDWH」で再び盛り上がる訳

大規模データの蓄積や処理に使われる技術の中では「Hadoop」が優勢だった。だが最近は、一時期守勢に立たされたはずの「DWH」が「クラウドDWH」へと形を変え、再び関心を集めつつある。背景には何があるのか。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 ビジネスの現場で蓄積されるデータは大きな勢いで増え続けており、企業はデータの蓄積と処理の手法について見直しを迫られている。分散処理ソフトウェア「Apache Hadoop」が優勢だったこの分野で、Hadoopに変わり関心を集めているのが「クラウドDWH」(DWH:データウェアハウス)だ。

 従来型の“枯れた”データ蓄積手段であるDWHは、Hadoopの盛り上がりとともに守勢に立たされた。それがクラウドDWHへと形を変え、あらためて脚光を浴び始めている。企業のITインフラにクラウドが選択肢に入ったことと、管理や保守に比較的手間がかからないことが、クラウドDWHの導入を後押ししている。

 クラウドDWHの分野では、Amazon Web Services、Microsoft、IBMなどの大手ベンダーに加え、Snowflake Computingなどの新興ベンダーも台頭しつつある。TechTargetジャパンの人気連載を再構成した本資料は、クラウドDWHベンダーの動向とユーザー企業が得られる導入のメリットを整理した上で、アスリート向けWebサービスを展開する企業のクラウドDWH導入事例を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ