速報
» 2020年01月16日 12時00分 公開

悪用につながる極めて深刻な脆弱性も Oracleが四半期パッチを公開

Oracleは「Critical Patch Update(CPU)」を公開した。今回のCPUでは、計334件の脆弱性が修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Oracleは2020年1月14日、四半期に一度のセキュリティ更新プログラム「Critical Patch Update(CPU)」を公開した。データベースや仮想化製品、「Java Platform, Standard Edition」(Java SE)など同社の幅広い製品を対象として、計334件の脆弱(ぜいじゃく)性を修正している。

OracleのCritical Patch Updateについて

 CPUの対象となるのは、下記や業界向けアプリケーションなどの各製品。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ