速報
» 2020年03月18日 13時00分 公開

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを公開

今回のアップデートでは計13件の脆弱性が修正された。悪用されれば任意のコードを実行される可能性もあるという。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Adobe Systemsは2020年3月17日、「Adobe Acrobat」(以下、Acrobat)と「Adobe Reader」(以下、Reader)向けのセキュリティアップデートをWindowsとmacOS向けに公開した。計13件の脆弱(ぜいじゃく)性を修正しており、悪用されれば任意のコードを実行される可能性もあるとして、アップデートの適用を呼び掛けている。

Adobe Systemsが公開したセキュリティアップデート情報

 Adobe Systemsのセキュリティ情報によると、脆弱性は下記のバージョンに存在する。

  • Acrobat DC/Acrobat Reader DC(連続トラック)の2020.006.20034まで
  • Acrobat 2017/Reader 2017(クラシック2017トラック)の2017.011.30158まで
  • Acrobat 2015/Reader 2015(クラシック2015トラック)の2015.006.30510まで

13件の脆弱性の緊急度合いとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ