ニュース
» 2020年03月25日 11時35分 公開

SAPのERPと帝国データバンクの企業情報データベースを連携、与信管理を効率化

SAPジャパンは帝国データバンクやBASFジャパンと協力し、「SAP Credit Management」サービスと帝国データバンクの企業情報データベースとのAPI連携を可能にした。SAP Cloud for Credit Integrationのアプリ内に、企業情報をXML形式で格納できるようになる。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAPジャパンは2020年3月24日、帝国データバンクやBASFジャパンと協力し、「SAP Credit Management」サービスと帝国データバンクの企業情報データベース「COSMOS2」とのAPI連携を可能にしたと発表した。

API連携の概要 API連携の概要(出典:SAPジャパン)

 例えば「SAP Cloud for Credit Integration」のアプリ内に、COSMOS2のデータをXML形式で格納する。SAPジャパンは「与信判断を大幅に効率化できる」として、同サービスを帝国データバンクと協力して提供する。

与信プロセスの効率と精度を向上してビジネスを迅速化。具体的には?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ