速報
» 2020年03月27日 09時22分 公開

監視や人権侵害が日常的に行われている国家では、ユーザーが大きな危険にさらされる:AppleのiOSに「VPNバイパス」の脆弱性、最新バージョンでも修正されず

Appleがリリースしたばかりの「iOS 13.4」に、VPNで全てのトラフィックを暗号化できない脆弱性が存在する。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 VPNサービスを提供するスイスのProtonVPN(以下、Proton)は2020年3月25日、AppleのiOSに「VPNバイパス」の脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったと発表した。VPN通信で全てのトラフィックを暗号化できないという。

コミュニティメンバーが発見したVPNバイパスの脆弱性 コミュニティメンバーが発見したVPNバイパスの脆弱性(出典:ProtonVPN)

 Protonによると、この問題は「iOS 13.4」に存在する。同社はVPNプロバイダーやユーザーにこの問題を認識してもらうことが重要だと判断して、脆弱性情報の公開に踏み切ったとしている。

VPN接続後も暗号化されない通信が持続、ユーザーが監視される可能性

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ