ニュース
» 2020年04月17日 09時27分 公開

自然処理AIを活用した知識ベース、大日本印刷が「DNP業務知識活用プラットフォーム」の提供開始

大日本印刷は「DNP業務知識活用プラットフォーム」の提供を開始する。業務経験の浅い人材が専門的な業務知識を導き出せるよう支援し、業務効率の向上と人材のビジネススキルの平準化を図る。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 大日本印刷(DNP)は2020年4月16日、「DNP業務知識活用プラットフォーム」を同年5月から提供開始すると発表した。保険会社や金融機関などの加入申し込み審査、広告の校正や校閲、社内ナレッジの横断的な検索や分析などに向けたもので、業務経験が浅くても専門的な業務知識を容易に導き出せ、業務効率の向上と従業員のビジネススキルの平準化が図れるとしている。

 DNP業務知識活用プラットフォームの概要 DNP業務知識活用プラットフォームの概要(出典:DNP)

 DNP業務知識活用プラットフォームは企業の業務文書をAI(人工知能)で知識グラフ化し、自然言語処理AIで情報を引き出す。

自然言語処理AIを生かすのは「知識グラフ」、具体的な仕組みとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ