ニュース
» 2020年06月04日 09時25分 公開

行政サービス完全デジタル化へ NECが官庁向けクラウドサービスの提供を開始

NECが政府向けクラウド事業を強化する。パブリッククラウド版は7月から、ISMAP対応の高セキュリティ版は「NEC Cloud IaaS」のセキュリティ強化版として11月から提供する。

[田渕聖人,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは日本政府向けのクラウド事業を強化し、クラウド活用に関わる各種サービスを2020年7月から官庁および関連機関に提供を開始すると発表した。ネットワーク接続サービスやクラウド基盤サービス、運用管理サービスを順次提供する。

 同社はプレスリリースにおいて、各省庁が推進するデジタルトランスフォーメーション(DX)の中核となるクラウドサービスの導入について、利用コスト削減や最新技術の取り込みができる一方で、安全性の確保が課題となる、と指摘する。今回発表したクラウドサービスは閉域回線を採用したり、高いセキュリティ評価基準に対応させることで安全性を確保するとしている。

官公庁向けクラウドサービス その詳細は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ