ニュース
» 2021年01月12日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:いまさら聞けない「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」の違い

「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」など自動化のテクノロジーを指す用語が多様化している。製品分野も多岐にわたるが、違いはほとんどないと見る専門家もいる。それぞれどのように異なるのだろうか。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 効率化やデジタル化といった目標のために、企業はさまざまな自動化テクノロジーを導入する。「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)はこの製品分野の一つに過ぎず、他にも数多くのテクノロジーが存在する。例えば「デジタルプロセスオートメーション」(DPA)、「ビジネスプロセスオートメーション」(BPA)、「インテリジェンスプロセスオートメーション」(IPA)などだ。

 これらはいずれもビジネスプロセスの効率化を支援する。ただしRPA、DPA、BPAといった用語の定義や意味の違いは分かりにくい。本質的に同じものを指していると考える専門家もいれば、独自の特徴を見出して用語を使い分けるベンダーもあるからだ。本資料は、それぞれの用語の定義と差異を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ