ITmedia DX
ニュース
» 2021年01月21日 07時00分 公開

ビデオ会議機器をサブスクで シスコがテレワーク需要に応えるサービスを開始

シスコは、ビデオ会議機器をサブスクリプションサービスとして利用できるプログラム「Hardware as a Service for Webex Devices」の提供を開始した。同サービスは、機器の保守サービスやWebexのライセンスをサービスに含めることも可能だ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 シスコシステムズ(以下、シスコ)は2021年1月20日、ビデオ会議機器をサブスクリプションサービスで利用できるプログラム「Hardware as a Service for Webex Devices」(以下、HaaS)の提供を開始した。

 シスコによると、テレワークなどのオンラインコミュニケーションを前提とした働き方において業務の生産性やサービスの品質を高く保つために、企業の間でビデオ会議に特化した専用機器に対するニーズが高まっているという。同社は、サブスクリプションでビデオ会議機器を提供することで、ビデオ会議機器の導入や展開に関する金銭や管理負荷を軽減する考えだ。

機器の保守サービスにも対応 HaaSの対象となるシスコ製品は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ