ニュース
» 2021年02月03日 18時41分 公開

クリプトジャッキング型マルウェア「Pro-Ocean」のやっかいな機能改善

以前クリプトジャッキングに使われていたマルウェアが、大幅に機能を強化して戻ってきた。検出を回避しつつ巧妙にマイニングを実施する修正が加えられているという。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Palo Alto Networksは2021年1月28日(現地時間)、公式ブログにおいて中国をベースとするサイバー犯罪グループ「Rocke」がクリプトジャッキングを実行するために、既存のマルウェアを修正して新たな機能を備えたマルウェアを開発し、実際に利用していると伝えた。同社はこの修正バージョンのマルウェアを「Pro-Ocean」と呼んでいる。

Pro-Ocean: Rocke Group’s New Cryptojacking Malware Pro-Ocean: Rocke Group’s New Cryptojacking Malware

クリプトジャッキングとは? Pro-Oceanはなぜ今後も注意が必要なのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ