ニュース
» 2021年05月25日 07時15分 公開

NECと東京大学らが量子コンピュータの専門人材育成に向けて寄付講座を解説

東京大学と協賛企業9社は、「量子ソフトウェア」寄付講座を設置する。量子コンピュータによる新しい量子機械学習手法の研究や量子コンピュータ向けアプリケーションの開発を目的とする。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 東京大学と協賛企業9社は2021年5月24日、量子コンピュータによる新しい量子機械学習手法の研究や量子アプリケーションの開発を目的として「量子ソフトウェア」寄付講座を設置すると発表した。

 設置期間は、2021年6月1日〜2024年5月31日の3年間を予定する。東京大学大学院理学系研究科に設置し、同研究科付属の「知の物理学研究センター」と協力して推進する。

寄付講座を開設して量子ソフトウェアの専門人材を育成

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ