Digital Business +Design
Digital Business +Design
ニュース
» 2021年06月14日 07時00分 公開

今後急拡大「デジタル子会社」で余る人材、求められる人材

NRIは、「情報・デジタル子会社における今後の方向性と課題に関する調査」の結果を発表した。親会社からの出資によってITやデジタルサービスを提供する国内の子会社を対象に、不足人材や自社の抱える課題、今後の成長性などを調査した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 野村総合研究所(NRI)は2021年6月11日、「情報・デジタル子会社における今後の方向性と課題に関する調査」の結果を発表した。同調査は2021年3月に、親会社からの出資によってITやデジタルサービスを提供する国内の子会社を対象に実施したもので、47社から有効回答を得た。

 NRIは、同調査に当たって、子会社の業務内容から見た企業特性に着目し、主に従来の基幹系システムや業務系システムなどの開発、保守、運用を担う子会社を「従来IT子会社」、主にデジタル化やDX(デジタルトランスフォーメーション)、デジタルビジネスに特化したサービスを提供する子会社を「デジタル子会社」、両方を担う子会社を「従来IT・デジタル子会社」と区分した。

 同調査によれば、「デジタル子会社」に分類される企業は47社中5社(10.6%)だったが、「統計の視点からは参考値だが、今後の方向性を見る上で示唆に富むことから分析対象とした」とNRIはコメントする。

各社の業務内容(従来IT、デジタル)から見た子会社の3区分(出典:NRIのWebサイト)

問題解決に向けて強化すべき手段で各子会社で差異 デジタル子会社の特徴は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ