業務の自動化
業務の自動化
特集
» 2021年07月01日 08時30分 公開

化粧品メーカーに移籍したITプロ 1年で何を成し遂げたか、コーセーの事例に学ぶ(1/2 ページ)

コーセー情報統括部に参画したITのプロはDXに向け、組織をどう変えたか。急遽発生したコロナ禍対応と合わせ、どう活動し、何を変えたか。1年の活動成果を聞いた。

[名須川竜太,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

コーセー 情報統括部グループマネージャー 進藤広輔氏

 化粧品メーカー大手のコーセーは、1946年創業の老舗企業だ。5年後に創業80周年を控えた現在、さらなる成長を目指す中長期ビジョン「VISION 2026」を掲げ、海外売上比率の向上など、グローバルで存在感を高める施策を進める。

 同社の情報統括部に、AT&Tからローソン、Amazon Web Services(AWS)と、ユーザー企業とITベンダーを股に掛けて活動してきた進藤広輔氏がグループマネージャーとして着任したのは2020年2月のことだ。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の脅威がまだ深刻化していなかったこの時期、会社の成長に貢献するIT組織を作るべく、進藤氏が最初に手掛けたのは、情報統括部員の仕事ぶりを徹底的に見て、各部員の声を聞くことだった。

 「見ることに関しては、部員の振る舞いや仕事への向き合い方、アウトプットとなるドキュメントまで、一人一人の仕事の内容や質を見ました。聞くことについては、1対1の対話を通じて自己評価や現状の課題と不満、特に意識を置いていることの他、今までやってきたことと、これからやりたいことなどをヒアリングしました」(進藤氏)

「非定型業務? ならば定型化しよう」考える時間の作り方

 この見る/聞くを通じて判明したのが「一人一人の部員にとにかく時間がない」ということだった。理由は明白だ。日々、事業部門からの依頼や問い合わせ、既存システムで頻発する不具合、システムをリリースする度に増える定型業務に追われていた他、業務体系にも非効率な部分があり、常に時間がない状況に陥っていたのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ