ニュース
» 2021年11月06日 05時00分 公開

アバターで会議に参加、マイクロソフトが「Mesh for Microsoft Teams」を2022年に提供開始

Microsoftは「Mesh for Microsoft Teams」の提供を開始する。Microsoft MeshのMR機能とTeamsのツールを融合し、仮想空間の会議にアバターで参加できるという。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年11月4日「Mesh for Microsoft Teams」を2022年に提供開始予定だと発表した。ユーザー同士が離れた場所から共同作業できるホログラフィック技術「Microsoft Mesh」のMixed Reality(MR:複合現実)機能に、オンライン会議やチャット、ドキュメントの共同作業などを可能にする「Microsoft Teams」(Teams)の機能を融合し、Teamsのオンライン会議にアバターで参加できる。

Mesh for Microsoft Teamsのイメージ(出典:Microsoftのプレスリリース)

仮想空間の会議に“アバター”で参加? MSが提唱するメタバースの中身は

 Microsoftは、同製品の発表に至った背景に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として普及したテレワークの傾向2つを挙げる。1つ目は、テレワークする従業員の生産性が高いことだ。2つ目は、テレワーク中は同僚や仕事相手のプライベートな部分が見えず、人間関係やキャリアを築く機会が減ったことだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ