新着記事

BEAとアイログがビジネスルール管理分野で協業

BEAとアイログがビジネスルール管理分野で協業した。「ILOG Control」が無償提供され、WebLogic Workshop上でドラッグ&ドロップすることによって、JRulesの機能をWebLogic Workshopのプロセスワークフローに統合できるようになるという。[6/23]


WS-* 標準を果たすBEA Workshopコントロール

JSPで標準化されるWS-*は、SOAのために欠かせないものばかりだ。現在のWSDLを超えJavaが新次元へと向かうために、BEAはJavaベンダーの中心でSOAを叫ぶ。[6/19]


次期BEA WebLogic Server「Diablo」で実現するノンストップアプリサーバ

Webサービス配信の基盤、WebLogic Serverの新版では、オートチューニングを始めとする高可用性に対する機能拡張が目白押しだ。[6/18]


ゴールはビジネス指向アーキテクチャ、WebLogic Platform 9.0と次期Everestによる進化形

SOAを担うQuickSilverが大きく関わるBEA WebLogic Platform。その次期バージョン9.0のコードネーム「Diamond」、さらなる次期コードネーム「Everest」についても紹介された。[6/18]


SOA実現へのテクノロジー、中核を担うQuickSilverまでディッゼンCTOが具体化

Javaにおけるデプロイ環境のほとんどは、独自のミドルウェア上で密接に展開されてきた。開発環境BEA Workshopのアプリケーションフレームワーク公開で、Javaを新たな世代へと導く。[6/17]


BEA eWorld開幕、開発プロジェクトは「分単位」の時代へ?

「BEA eWorld JAPAN 2004」が開幕した。来日したBEAの共同創設者兼CEOのチュアング氏は、ビジネスの変化は待ってくれないとし、「BEAがこれからの開発プロジェクトを数分単位に変えてみせよう」と約束する。世界を変えるイノベーションこそ、彼らの狙いだ。[6/17]


icon Liquid Computing構想で世界の進むべき方向を指し示すBEAのチュアングCEO

インターネットによって解き放たれたITには、必然的にさらなる柔軟性が求められている。まるで「液体」(liquid)のようにそれ自体を変えていく柔軟さだ。次の10年のビジョンを明らかにしたBEAのチュアングCEOに話を聞いた。[6/16]


関連記事

BEA eWorld 2004 San Francisco

「BEA eWorld 2004 San Francisco」が開幕した。BEA創設者のアルフレッド・チュアングCEOは、統合された唯一のSOAプラットフォームであるBEA WebLogic Platform 8.1によって、今すぐSOAに取り組むよう促した。


関連リンク


Special

- PR -

Special

- PR -