メディア

「スポットクーラー」おすすめ10選 工事不要、エアコン取り付け不可の部屋でも涼しく快適に【2022年最新版】

» 2020年07月14日 18時40分 公開
[Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ルームエアコンが取り付けられない部屋でも、工事不要で設置して使用でき、すぐに涼しい風を出してくれる家電が「スポットクーラー」です。比較的コンパクトなモデルが多く、家の中のさまざまな場所を冷風で快適にしてくれます。

スポットクーラー 置き場所の自由度が高い「スポットクーラー」(シロカ「除湿機能付きポータブルクーラー」)

 ここでは、スポットクーラーの選び方とおすすめモデルを紹介していきます。便利なスポットクーラーですが、効率良く使うには注意しておきたいポイントもあります。暑い季節を乗り切る参考にしてください。

普通のエアコンが取り付けられなくても……工事不要、置き場所の自由度が高い「スポットクーラー」

 「スポットクーラー」は、扇風機やサーキュレーターなどと異なり、一般的なエアコンと同様に「熱交換」方式によって冷風を送り出す装置です。ルームエアコンは室内機と室外機に分かれていますが、スポットクーラーはこれが一体化したものというイメージです。

 スポットクーラーは室外機が不要。1つの場所に固定して設置する必要もないので、工事不要でさまざまな場所に置けるのがメリットです。キャスターが付いたものなら、宅内の移動も簡単です。

スポットクーラー 持ち運び用のハンドルが付いているモデルも(シロカ「除湿機能付きポータブルクーラー」)

 機構はコンプレッサー方式の除湿機と同じ。このため、ほとんどのスポットクーラーは除湿機能も備えており、じめじめした季節や、洗濯物の室内干しにも活躍してくれます。

スポットクーラー 除湿機能で通年活躍してくれる(山善「コンパクトクーラー」)

 ちなみに、冷風を出す家電として「冷風扇」(れいふうせん)がありますが、これは水の気化熱を利用して冷たい風を送り出す家電です。ここで紹介するスポットクーラーとは、原理が全く異なる別のものです。

排熱用ダクト、冷房能力をチェック

 どこにでも置けるのがスポットクーラーのメリットですが、注意しておきたいのは「冷風と同時に熱も排出する(普通は背面から)」ということ。「エアコンの室内機と室外機が一体化したもの」というイメージの通りで、これは原理上避けることができません。

 このため、閉め切った室内で使う場合、スポットクーラーから発する熱を室外に排出しないで冷風運転を続けると、むしろ室温が上昇することになってしまうので注意が必要です。スポットクーラーのメーカーもその旨を説明しています。

窓用のパネルとダクトで屋外に排熱できるモデルも(写真はアイリスオーヤマ「ポータブルクーラー」) 窓用のパネルとダクトで屋外に排熱できるモデルも(アイリスオーヤマ「ポータブルクーラー」)

 多くのモデルには、本体の背面に取り付けられるエアダクト(ホース)が付属しているので、ダクトを通じて室外に熱を逃がせるようになっています。ダクトを窓枠に取り付けられるパネルが付属するモデルもあり、これを利用すれば屋外に排熱することで室温の上昇を効果的に抑えられます。利用する部屋や設置環境に応じてチェックしておきましょう。

使いたい部屋に応じた冷房能力の機種を選ぼう

 冷房能力は「kW」(キロワット)で示されています。家庭用では2kW〜2.2kW程度がスタンダードで、6畳程度の部屋をカバーできます。冷房能力は同じ機種でも電気の周波数によって違いがあり、50Hz地域より60Hz地域のほうが高くなります(消費電力も上がります)。

 機種によりますが、電気はスタンダードな機種でも8〜9A(アンペア)程度が必要になります。使用してもブレーカーが落ちないかどうか確認しておきましょう。

ドレン水の処理、おすすめは「ノンドレン」

 スポットクーラーでは内部で水(ドレン水)が発生します。コンプレッサー方式の除湿機と同じ仕組みです。

 除湿機では水をタンクにためて捨てるのが一般的ですが、スポットクーラーでは、水を内部で蒸発させることで排水処理を不要にしている「ノンドレン」タイプがあり、排水の手間と労力が省けるのでおすすめです。

タンクが満水になると運転を停止したり、送風運転に切り替えてくれる機能を備えた機種がオススメ( タンクが満水になると運転を停止したり、送風運転に切り替えてくれる機能を備えたモデルが便利(ナカトミ「ミニクーラー MAC-10」 出典:Amazon

 ただし、ノンドレンでも湿気の多い部屋で利用する場合、処理が間に合わずにタンクに水がたまることがあり、この場合は手動で処分する必要があります。除湿をメインにうたったモデルでは、取り外し可能な大容量タンクを備えることで、排水作業の頻度を減らしているものもあります。

 また、スポットクーラーは動作音が比較的大きくなります。ルームエアコンでは室外機に搭載しているコンプレッサーを本体に内蔵しているためです。就寝時など、静かな状況で使いたいのであれば、運転時の音量も確認しておきましょう。

スポットクーラー:おすすめモデルはコレ!

ナカトミ 移動式エアコン(冷房)MAC-20

冷房能力(50Hz/60Hz):2.0kW/2.3kW

 冷暖房器具などを販売するナカトミのスポットクーラー。標準的な冷房能力を持ち、Amazon.co.jpで評価の高いベストセラーモデルです。消費電力(強)は750W(50Hz)/770W(60Hz)。

 ノンドレン式で、冷風運転時はドレン水の排出が不要(除湿時はホースで排出が必要)。排熱ダクトと窓枠パネルが付属しており、背面からの排熱を室外・屋外に逃がせるようになっています。操作はリモコンで行えます。

 本体サイズは37(幅)×34.5(奥行き)×70.5(高さ)cm、重さは約22kg。移動に便利なキャスターが付いています。

山善 コンパクトクーラー YEC-M03

 山善が2022年5月に発売したコンプレッサー式の新製品。電源を入れるとすぐに室温からマイナス7度の冷風を出してくれます。サイズは270(幅)×266(奥行き)×432(高さ)mm、重さは約10kgと小型軽量で、ハンドルも付いているのでさまざまな場所に持ち運んで使えます。

 左右に自動で風を送るオートルーバーを搭載し、リビングなどで家族が使うのにも向いています。1日4.5〜5.0Lの除湿能力も備え、貯水タンクの容量は1.7L。冬場の結露対策など、年間を通して活躍します。

シロカ 除湿機能付きポータブルクーラー

冷風能力:0.35kW

 デザイン性の高い家電で知られるシロカ(siroca)が2022年5月に発売した新製品。コンプレッサー式ですが、本体サイズは22(幅)×22(奥行き)×41.4(高さ)cm、重さは6.5kgと軽量コンパクトなのが特徴。室温からマイナス7度の冷風を出す能力があり、脱衣所などに持ち運んで冷風を得られます。

 1日4.4Lの除湿機能も備え、水をためる容量1Lのタンクも備えています。

ユアサプライムス どこでもスモールクーラー YNSC-3D

 ユアサプライムスが2022年5月に発売した新製品。コンプレッサー式で、吹き出し口より7.5度低い冷風を出してくれます。本体サイズは24(幅)×20(奥行き)×18.5(高さ)cm、重さは12kgと持ち運びやすいモデルです。

 広範囲に冷風を広げる上下ルーバーを搭載。1.8〜2.4L/日の除湿能力もあり、1.7Lの貯水タンクを備えています。

アイリスオーヤマ ポータブルクーラー IPP-2221G

冷房能力(50Hz/60Hz):2.0kW/2.2kW

 アイリスオーヤマ「ポータブルクーラー」のスタイリッシュなデザインのモデル。標準的な冷房能力を持ち、4.5〜7畳の部屋に対応するとしています。ドレン水を内部で蒸発させる「ノンドレン」式です。消費電力は490W(50Hz)/600W(60Hz)。

 本体サイズは約31.5(幅)×39.5(奥行き)×77(高さ)cm、重さ約24kg。移動に便利なキャスター付き。リモコンや排気ダクト、ダクトを窓に取り付ける窓パネル、補助鍵などが付属します。

 5〜8畳の部屋に対応するモデル「IPP-2621G」(2.3kW/2.6kW)もラインアップしています。

アイリスオーヤマ ポータブルクーラー IPA-2202G

冷房能力(50Hz/60Hz):2.0kW/2.2kW

 アイリスオーヤマのスポットクーラー「ポータブルクーラー」のスタンダードモデル。標準的な冷房能力を持ち、7畳までの部屋に対応するとしています。ドレン水を内部で蒸発させる「ノンドレン」式です。消費電力は755W(50Hz)/870W(60Hz)。

 リモコン、排気ダクトや、ダクトを窓に取り付けるパネルなどが付属しています。2021年モデルでは、窓パネルがシャッター式になり、使わない時もパネルを外さすにシャッターを閉めることで外気などの侵入を抑えることができます。また、補助鍵が付属し、窓の内側に取り付けることで、窓と窓パネルを固定できます。

 サイズは286(幅)×320(奥行き)×700(高さ)mm、重さは約22kg。移動に便利なキャスターも付いています。

アイリスオーヤマ ポータブルクーラー IPA-3521GH

冷房能力(50Hz/60Hz):3.1kW/3.5kW

 アイリスオーヤマ「ポータブルクーラー」のハイパワーモデル。8〜12畳の部屋に対応できるとしています。暖房機能も搭載しており、冬でも利用できるのが特徴です。冷風の消費電力は875W(50Hz)/1040W(60Hz)。

 本体サイズは約39.3(幅)×42.5(奥行き)×80.4(高さ)cm、重さ約34kg。移動に便利なキャスター付き。リモコンや排気ダクト、ダクトを窓に取り付ける窓パネル、補助鍵などが付属します。

 冷房能力は同じで暖房機能を省いたモデル(IPA-3521G)、7〜10畳の部屋に対応するモデル(冷房のみ:IPA-2821G、冷暖房:IPA-2821GH)もラインアップしています。

ナカトミ 移動式エアコン MAC-10

冷房能力(50Hz/60Hz):0.41kW/0.43kW

 ナカトミ「ミニエアコン MAC-10」は、サイズが29.5(幅)×29.5(奥行き)×44(高さ)cm、重さが約13kgというコンパクトなモデル。卓上での利用も可能とうたっています。冷房能力は高くは置き場所を選ばないため、キッチンやウォークインクローゼット、風呂上がりなど、さまざまな場所で利用できます。消費電力は188(50Hz)/215W(60Hz)。

 付属ダクトを冷風口に取り付ければ送風の向きを自由に変えられ、排熱口に装着すれば排熱を室外に逃がせます。ドレン水は内部にたまりますが、タンクがいっぱいになると冷風運転から送風運転に切り替わり、満水であることを表示灯の点滅で知らせてくれます。

コロナ どこでもクーラー(冷風・衣類乾燥除湿器) CDM-10A2

 冷暖房器具の大手メーカー、コロナの「どこでもクーラー」は、冷風に加え、衣類乾燥除湿機としての機能もうたうモデルです。消費電力(1日10L除湿モデル)は除湿時で205W(50Hz)/215W(60Hz)、冷風時で220W(50Hz)/240W(60Hz)。冷風時の消費電力は低めですが、その分冷房能力はあまり高くなく、除湿での出番が多くなりそうなモデルです。

 除湿能力は10L/1日(60Hz)。5.8Lの大容量排水タンクを搭載しています。排熱ダクトが付属しており、熱を室外に逃がせます(窓枠は別売り)。

 サイズは25(幅)×38.6(奥行き)×60(高さ)cm、重さ13.5kg。キャスター付き。

トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-22MW

冷房能力(50Hz/60Hz):2.0kW/2.2kW

 冷暖房機器メーカー、トヨトミの冷暖房兼用タイプ。夏は冷風、冬は温風と1年を通して使えます。冷風時の消費電力は590W(50Hz)/690W(60Hz)。

 ドレン水を内部で蒸発させるノンドレン式で、付属の排水ホースを取り付けて併用することもできます。排気ダクト、窓パネルも付属します。操作はリモコンで行えます。

 サイズは44(幅)×32(奥行き)×69(高さ)cm、重さ約26kg。キャスター付き。

スポットクーラー 最新ランキング

 ショッピングサイトではどんなスポットクーラーが人気なのでしょうか。以下のリンクからチェックしてみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 【車中泊】買って良かった「ポータブルクーラー」 睡眠モードが優秀すぎる! 暑くても、朝までぐっすり眠れる優秀アイテム
  2. 愛用者増加中「疲労回復サンダル」おすすめ3選 履き心地抜群の癒されるシューズをチェック【2024年7月版】
  3. ワークマンの「汗をかいても快適なおしゃれウェア」3選 700円台の“透け感Tシャツ”は要チェック ほんのり見える肩がおしゃれな高機能Tシャツ
  4. 安いけど“使える”「スマートウォッチ」おすすめ4選 イギリス発・超スタイリッシュな高コスパモデルに注目【2024年7月版】
  5. 今売れている「草刈り機」おすすめ3選&ランキング 一番人気は取り回しの良い除草バイブレーター! 4000円前後で買えてコスパ抜群【2024年7月版】
  6. 【ワークマン】疲れを軽減する「コンプレッションウェア」を着てみた 1500円の高機能インナー、効果は? 同シリーズのカーフスリーブ&アームスリーブも使ってみた【後編】
  7. コンビニで買える7月発売の「付録付き雑誌」3選 話題の実用派バッグや人気キャラクターのコラボアイテムに注目!【2024年7月版】
  8. ワークマンの「グルカサンダル」が今年も登場 実は歩きやすくて、疲れにくい! ワークマン好きもおすすめのサンダルは要チェック
  9. 普段使いしやすい「防水スニーカー」おすすめ4選 ゴアテックス搭載モデルをチョイス/1万円で買えるモデルも【2024年7月版】
  10. 【付録】シンプルだけどキュート mozの「3WAYエコトートバッグ&ウォールステッカー」が登場 買い物にぴったりなたっぷりサイズ