メディア
製品比較
» 2020年12月16日 20時27分 公開

「Wi-Fi 6」対応ルーターおすすめ3選 “混雑”を解消して快適なネット環境を【2020年最新版】

スマートフォンやパソコン、タブレット、スマートスピーカーといったスマート家電など、家庭内で使用するWi-Fi機器の数はどんどん増えています。もしWi-Fiの速度が気になったら、最新の「Wi-Fi 6(ワイファイシックス)」対応機器へ買い替え時かもしれません。

[Fav-Log]

 スマートフォンやパソコン、タブレット、スマートスピーカーといったスマート家電など、家庭内で使用するWi-Fi機器の数はどんどん増えています。

「Wi-Fi 6」対応機器に取り付けられているロゴ 「Wi-Fi 6」対応機器に取り付けられているロゴ

 最近はリモートワークの普及で、家庭内のWi-Fi環境は大混雑。もしWi-Fiの速度が気になったら、最新の「Wi-Fi 6(ワイファイシックス)」対応機器へ買い替え時かもしれません。Wi-Fi環境を快適にできる「Wi-Fi 6」規格対応ルーターをご紹介します。

Wi-Fi 6対応ルーター選び:速度が従来規格から約1.4倍高速に

 Wi-Fi 6とは最新の無線LAN規格で、正式には「IEEE 802.11ax」という規格です。Wi-Fiルーターをお使いなら、本体に「IEEE 802.11n」や「IEEE 802.11ac」といった対応規格が表示されているのが確認できます。

バッファローのWi-Fi 6製品ページより バッファローのWi-Fi 6製品ページより

 Wi-Fi 6の通信速度は、Wi-Fiルーターとパソコンなどの接続機器間で最大9.6Gbps(理論値)と非常に高速です。従来規格のWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)が最大6.9Gbpsなので、約1.4倍に向上しています。

 実際にインターネットを利用する速度はルーターから先の光回線やCATVの接続品質に大きく左右されますが、ルーターがつかさどる家庭内のWi-Fiを高速化しておければ、速度が落ちにくいなど快適さに違いが出ます。

Wi-Fi 6対応ルーター選び:混雑を解消して快適なWi-Fi環境を構築

 Wi-Fi 6は「混雑に強い」という特徴も備えています。スマートフォンや携帯電話でも採用されている技術が採用され、多くの端末が同時に高品質で通信できるようになっています。

Wi-Fi 6は接続機器が多くても速度が落ちにくい仕組みを採用(アイ・オー・データ機器の「WN-DAX1800GR/E」製品ページより) Wi-Fi 6は接続機器が多くても速度が落ちにくい仕組みを採用(アイ・オー・データ機器の「WN-DAX1800GR/E」製品ページより)

 家族1人1台がスマホやタブレット、ゲーム機などのWi-Fi機器を利用するだけでなく、ネット家電やスマート家電など、家庭内のWi-Fi利用度はますます高まっています。1台のルーターでたくさんのWi-Fi機器を使うなら、Wi-Fi 6対応製品がおすすめです。

Wi-Fi 6対応ルーター選び:全ての機器をWi-Fi 6対応にする必要はない

 Wi-Fi 6は最新規格ですので対応していないWi-Fi機器も数多くあります。スマホの場合、「iPhone 11」以降のiPhoneシリーズや、「Galaxy S20」などの比較的新しい機種はWi-Fi 6対応ですが、そうでない機種もまだまだ使われています。

 Wi-Fi 6はそれ以前の規格との互換性があるため、Wi-Fi 6対応ルーターはそれ以前のWi-Fi機器と接続できます。ただし、通信速度などは旧規格の性能となる点には注意してください。

 まずは“要”となるWi-Fi 6対応ルーターを購入し、接続する機器を順次Wi-Fi 6対応にしていけばよいでしょう。

Wi-Fi 6対応ルーター選び:おすすめモデルはコレ!

全方向360度で電波を送受信できる アイ・オー・データ機器「WN-DAX1800GR/E」

 アイ・オー・データ機器のWi-Fi 6対応ルーター「WN-DAX1800GR/E」は、独自開発の「360(さんろくまる)コネクト」技術を搭載した製品。全方向360度に電波の“死角”を作らないため、設置場所を選ばないのが特徴です。

アイ・オー・データ機器「WN-DAX1800GR/E」 アイ・オー・データ機器「WN-DAX1800GR/E」

 受信端末の位置で電波が重なり合うように調整することで、安定した通信品質とノイズなどによる速度低下を防ぐ「ビームフォーミング」技術に対応し、安定した通信を実現します。

 無線LANに接続できる機器の台数は推奨20台。有線ポートはインターネットポート×1、LANポート×4。実売価格は8000円前後(税込、以下同)です。

4本のハイパワーアンテナを内蔵 バッファロー「WSR-3200AX4S」

 バッファロー「WSR-3200AX4S」は、5GHz/2.4GHz共通のハイパワーアンテナを4本内蔵したWi-Fi 6対応モデルです。日本の家屋でチューニングを繰り返し行い、無線性能の最大化を目指したモデルです。

バッファロー「WSR-3200AX4S」 バッファロー「WSR-3200AX4S」

 こちらも端末をめがけて電波を送信し、安定感のある通信を実現できるビームフォーミング技術に対応。新旧それぞれのルーターで無線設定を引き継げる「無線引っ越し機能」を備え、スマホやパソコンを使わなくても接続設定ができるのも大きな特徴です。

 有線ポートはインターネットポート×1、LANポート×4。カラーはブラック(WSR-3200AX4S-BK)とホワイト(WSR-3200AX4S-WH)の2色を用意。実売価格は1万2000円前後です。

クアッドコアプロセッサーにより高速通信を実現 NEC「Aterm WX6000HP」

 NEC「Aterm WX6000HP」は、同社の老舗ネットワークブランド「Aterm」のWi-Fi 6対応ルーター。NEC独自の「ワイドレンジアンテナ」とクアッドコアプロセッサーの採用により、約4040Mbpsの高速通信を実現しています。

NEC「Aterm WX6000HP」 NEC「Aterm WX6000HP」

 ハイスペックモデルに位置づけられる製品で、インターネットポートは10Gbpsに対応。10Gbpsの超高速ネット回線サービスを利用できる環境であれば、その性能を存分に発揮できます。

 同時接続台数は最大36台でLANポートは4基搭載しています。実売価格は3万円前後です。

Wi-Fiルーター 最新人気ランキング

 ショッピングサイトではどんなWi-Fiルーターが人気なのでしょうか。最新ランキングをチェックしてみましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.