メディア
製品比較
» 2020年12月17日 21時45分 公開

「メッシュWi-Fi」対応ルーターおすすめ3選 広い間取りでも安定したWi-Fi環境を構築【2020年最新版】

自宅のWi-Fiでスマートフォンやパソコンを使う場合に、ネットにつながらない部屋があったり、ルーターから離れると速度が不安定になったりすることはありませんか。家庭内のWi-Fi接続を安定させる手段として注目されているのが「メッシュWi-Fi」です。今回は、このメッシュWi-Fiを構築するためのルーターをご紹介します。

[Fav-Log]

 自宅のWi-Fiでスマートフォンやパソコンを使う場合に、ネットにつながらない部屋があったり、ルーターから離れると速度が不安定になったりすることはありませんか。

メッシュWi-Fi利用のイメージ(出典:バッファロー) メッシュWi-Fi利用のイメージ(出典:バッファロー

 ネットが途切れがちだとそれだけで大きなストレスに。スマホゲームや動画のサブスクリプションサービスを楽しむには、確実なネット接続が欠かせません。

 部屋数が多いなど、広い家屋でもWi-Fi接続を安定させる手段として注目されているのが「メッシュWi-Fi」です。今回は、このメッシュWi-Fiを構築するためのルーターをご紹介します。

メッシュWi-Fi対応ルーター選び:メッシュWi-Fiの仕組みとメリット

 メッシュWi-Fiとは、その名の通りWi-Fiを網の目(メッシュ)のように張り巡らせる仕組みです。メインにルーターと複数のサテライトルーターを設置することで、どの部屋のどの位置にいても、安定したWi-Fi接続を実現します。

サテライトルーターの設置で自宅内のすべての部屋をカバー(出典:ASUS) サテライトルーターの設置で自宅内のすべての部屋をカバー(出典:ASUS

 Wi-Fiルーター自体の電波は一般的に強いのに比べて、スマホなどの「子機」にあたる機器の電波は比較的弱めです。これをカバーするために、中継するための「サテライト」を置いて、どの部屋でも安定した高速通信を実現します。

 これまでもルーターのカバー範囲を広げる「中継器」は存在しましたが、接続の切り替えが発生するため、一時的にネットが途切れるというデメリットがありました。メッシュWi-Fiは部屋から部屋への移動時にもシームレスに接続を維持できるなど、一層便利になっています。

メッシュWi-Fi対応ルーター選び:メッシュWi-Fiはどんな環境で有効?

 メッシュWi-Fiは特に一軒家など、部屋が多い場合に有効です。各部屋にサテライトを設置するのが理想ですが、各階に1台ずつ設置するのがいいでしょう。

Wi-Fiの電波の通りやすいもの・通りにくいもの Wi-Fiの電波の通りやすいもの・通りにくいもの(出典:バッファロー

 2階建てであれば親機+サテライト1台の計2台、3階建てであれば親機+サテライト2台の計3台ぐらいでしょうか。Wi-Fiの電波は床暖房にも一般的には弱いとされていますので、2階に床暖房フロアがあるようなら、ぜひメッシュWi-Fiを導入したいところです。

 また間取りがL字やコの字、細長く奥まっているなど部屋と部屋が離れている場合、水回りや階段、収納のためにルーターの電波が届きにくい場合も、メッシュWi-Fiはまさにおすすめと言えます。

メッシュWi-Fi対応ルーター選び:有線接続でさらに安定したメッシュWi-Fiも

 メッシュWi-Fiはサテライトの強力な電波で、スマホなどの弱い電波を補完するような仕組みですが、サテライトを有線LAN接続することで、より高速なネットワークを構築できます。

複数の有線LANポートを備えたNETGEARの「Orbi WiFi 6」 複数の有線LANポートを備えたNETGEARの「Orbi WiFi 6」

 こうした構成を「イーサネットバックホール」と呼びますが、有線LANポートを搭載して機能に対応した製品が必要です。

 また、より高速で安定したメッシュWi-Fi環境を構築したいのであれば、最新の規格である「Wi-Fi 6」に対応したモデルや、3種類のWi-Fi電波を同時に利用できる「トライバンド」のモデルを選ぶのがいいでしょう。

メッシュWi-Fi対応ルーター選び:おすすめモデルはコレ!

Wi-Fi 6対応のトライバンドメッシュWi-Fiルーター ASUS「ZenWiFi AX(XT8)」

 ASUS(エイスース)の「Zen(ゼン)WiFi AX(XT8)」は、デザインもクールなメッシュWi-Fi対応ルーターです。2台を一緒に使用することで、最大約511平方メートル、およそ6部屋をカバーします。

ASUS「ZenWiFi AX(XT8)」 ASUS「ZenWiFi AX(XT8)」

 バックホール機能を備えたトライバンド設計で、高速で安定したメッシュWi-Fi環境を構築できます。Wi-Fi 6対応なので、同じくWi-Fi 6対応のスマホならより高速な通信速度を実現できるでしょう。

 実売価格は2台セットで7万円前後。ホワイトとブラックの2色のモデルがありますが、ブラックモデルは販路限定となっています。

サテライト2台が付属する3台セット バッファロー「WTR-M2133HS/E2S」

 2台のサテライトと1台の親機がセットになった、バッファローのメッシュWi-Fiルーター。サポートも安心できる国内メーカーの製品です。

バッファロー「WTR-M2133HS/E2S」 バッファロー「WTR-M2133HS/E2S」

 親機は指向性ハイパワーアンテナを備えたトライバンド仕様。ノイズに強い5GHz(W56)用アンテナを外付けで独立させ、中継機などに向けることでより安定した通信が可能です。

 実売価格は3万円台後半です。親機のみの「WTR-M2133HS」、増設用のサテライト「WEM-1266」の他、コンセント直刺しタイプのサテライト「WEM-1266WP」も用意されています。

強力なメッシュWi-Fiを構築 NETGEAR「Orbi AX6000(RBK852)」

 NETGEAR(ネットギア)の「Orbi AX6000 トライバンドメッシュWiFi6 システム スターターキット 2台セット(RBK852)」は、ルーター+サテライトの2台セットの製品です。

NETGEAR「Orbi AX6000 トライバンドメッシュWiFi6 システム スターターキット 2台セット(RBK852)」 NETGEAR「Orbi AX6000 トライバンドメッシュWiFi6 システム スターターキット 2台セット(RBK852)」

 トライバンドモデルで、2つの5GHz帯ともWi-Fi 6に対応。1ユニットあたりのカバー範囲は175平方メートルと、広い範囲で速度かつ安定したWi-Fi環境が望めます。

 4つのギガビット有線ポートを備えており、デスクトップパソコンなど有線LANでしか接続できない機器や、イーサネットバックホールも利用可能です。公式オンラインストアでの価格は7万9800円(税込)です。

Wi-Fiルーター 最新人気ランキング

 ショッピングサイトではどんなWi-Fiルーターが人気なのでしょうか。最新ランキングをチェックしてみましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.