メディア
製品比較
» 2021年09月27日 13時05分 公開

「加湿器」おすすめ5選 お部屋の乾燥対策に役立つ【2021年最新版】

夏が終わり寒くなってくると、気になるのが乾燥ですよね。加湿器があれば、お部屋の湿度を適切に保つことができますよ。お肌トラブルの回避や、風邪予防のためにも、お部屋の湿度管理は大切です。今回紹介する加湿器の中から、部屋の合いそうなモデルを選び、効果的な乾燥対策を行いましょう。

[Fav-Log]

 夏が終わり寒くなってくると、気になるのが乾燥ですよね。そんなときは「加湿器」を使ってみましょう。加湿器があれば、お部屋の湿度を適切に保つことができますよ。

「加湿器」おすすめ5選 お部屋の乾燥対策に役立つ【2021年最新版】 モダンデコ「超音波加湿器 PRESSE」(出典:Amazon

 お肌トラブルの回避や、風邪予防のためにも、お部屋の湿度管理は大切です。今回紹介する加湿器の中から、部屋の合いそうなモデルを選び、効果的な乾燥対策を行いましょう。

加湿器:効率よく加湿したいなら、ハイブリッド式がおすすめ

 加湿器は、加湿方式において4種類に分けることができます。まず、気化式は、湿気を含んだフィルターにファンで風を当て、水分を気化させて加湿するタイプ。急速な加湿はできませんが、ヒーターを使わないため、やけどの心配がなく、価格も比較的安めです。

 スチーム式は、ヒーターでタンク内の水を蒸発させて加湿するタイプ。水を沸騰させるため殺菌効果があり衛生的です。加湿のスピードが早いというのもメリットの一つ。ただし、吹き出し口が高温になるので、やけどしないよう注意する必要があります。

加湿器:効率よく加湿したいなら、ハイブリッド式がおすすめ 象印「スチーム式加湿器/EE-RQ35」(出典:Amazon

 超音波式は、タンク内の水を超音波で振動させ霧を発生させるタイプ。静音性が高く、消費電力も抑えられます。

 ハイブリッド式には、「気化式+温風」と「超音波式+加熱」の2種類があります。いずれも熱を加えることで、加湿力を高めているのが特徴。通常の気化式や超音波式に比べて、スピーディーに加湿できますが、その分価格は高めです。

加湿器:部屋の広さ、部屋の構造に合うモデルを選ぶ

 設置予定の部屋で、十分な加湿能力を発揮してくれる加湿器なのか、事前に確認しておきましょう。その際に注目してほしいのが、「適用畳数」や「適用床面積」の項目です。どのくらいの広さの部屋で使うのが良いのか、その目安が分かります。

加湿器:部屋の広さ、部屋の構造に合うモデルを選ぶ アイリスオーヤマ「超音波加湿器 2.8リットル PH-U28」(出典:Amazon

 多くの場合、適用畳数は製品の仕様表に記載されていますので、部屋の広さに適したモデルなのかチェックしましょう。基本的には、実際の部屋の広さよりも、少し大きめの適用畳数の製品がおすすめ。天井が高い場合は、さらに適用畳数が大きいものを選びましょう。

 また、部屋の構造によっても適用畳数は変化するので注意が必要です。例えば、同じ製品でも木造の場合は約5畳で、プレハブ洋室の場合は約8畳と記載されていることもあります。部屋の広さと構造を踏まえて、お部屋に適したモデルを選びましょう。

加湿器:ナイトモードやエコモードなど機能性をチェック

 加湿器には、通常の運転モード以外に、さまざまなモードが搭載されています。消費電力を抑えながら加湿したいときは、エコモードが便利ですよ。加湿量は落ちますが、電力を抑えて節約につなげることができます。

加湿器:ナイトモードやエコモードなど機能性をチェック ダイニチ「加湿器 HD SERIES」(出典:Amazon

 一方、とにかく素早く加湿したいという場合に便利なのが「ターボモード」。これなら、帰宅後に一気に加湿することが可能です。就寝時に音を抑えながら、加湿したいときは「ナイトモード」が役立ちます

 20dB(デシベル)以下の静かな運転を行い、1時間後の眠りについた後に、あらかじめ設定していた湿度まで加湿してくれる製品もあります。消し忘れが心配という場合は、「タイマー機能」付きがおすすめ。設定した時間になると、電源が自動的に切れます。

加湿器:おすすめモデルはコレ!

アイリスオーヤマ「超音波加湿器 2.8リットル PH-U28」

 アイリスオーヤマの「超音波加湿器 2.8リットル PH-U28」は、しずくのような形が特徴的な加湿器。超音波式を採用しており、吹き出し口からモクモクとミストが出てくる仕様です。ミストは熱くならないので、子供がいる家庭でも安心して利用できます。

「超音波加湿器 2.8リットル PH-U28」 アイリスオーヤマ「超音波加湿器 2.8リットル PH-U28」(出典:Amazon

 連続運転時間は約10時間、適用床面積は木造和室で約5畳、プレハブ洋室で約8畳となっています。加湿量は部屋の状況によって無段階に調節でき、ミストの吹き出し口も360度自在に調節可能です。

 抗菌カートリッジが付いているので、衛生的に使用できます。スイッチを押すと7色に変化するLEDライト付きです。販売価格は6200円前後です。

モダンデコ「超音波加湿器 PRESSE」

 モダンデコの「超音波加湿器 PRESSE」は、広範囲にミストが届くタワー型の加湿器です。超微細ミストが出るので、床や家具が濡れにくいという特徴があります。インテリアと調和しやすい、おしゃれなデザインも印象的なモデル。

「超音波加湿器 PRESSE」 モダンデコ「超音波加湿器 PRESSE」(出典:Amazon

 適用畳数は、木造和室で約5畳、プレハブ住宅で約8畳となっています。スリムボディーかつ軽量設計なので、楽に持ち運びできます。加湿量については3段階の切り替えに対応しています。

 加湿量が弱の場合は、約21dBの優れた静音性を実現しており、最大30時間の連続運転が可能です。販売価格は3499円(税込、以下同)です。

象印「スチーム式加湿器/EE-RQ35」

 象印の「スチーム式加湿器/EE-RQ35」は、沸騰させた蒸気を約65度に冷ましてから、部屋の加湿を開始するモデル。一度沸騰させているため、殺菌した後のきれいな蒸気で加湿できるそうです。

「スチーム式加湿器/EE-RQ35」 象印「スチーム式加湿器/EE-RQ35」(出典:Amazon

 タンクの容量は2.2リットルで、適用床面積は、木造和室で約6畳まで、プレハブ洋室で約10畳までとなっています。加湿量は、しっかり、標準、ひかえめの3段階で調節可能です。タイマー機能を使い、電源の消し忘れを防ぐこともできます。

 チャイルドロックやふた開閉ロック、転倒湯漏れ防止構造など、各種の安全機能を搭載。広口容器なのでお手入れも簡単です。販売価格は1万4000円前後です。

シャープ「加湿器 HV-L55」

 シャープの「加湿器 HV-L55」は、気化式と温風を組み合わせた、ハイブリッド式の加湿器。加湿フィルターには、抗菌・防カビの加工が施されており、パーツを外して丸洗いもできるため、清潔に使用できます。

「加湿器 HV-L55」 シャープ「加湿器 HV-L55」(出典:Amazon

 適用床面積は、木造和室で約9畳、プレハブ洋室で約15畳です。タンク容量は約4リットル、連続加湿時間は強の場合、最大で約7.2時間。プラズマクラスターにより、お部屋の空気清浄を行うこともできます。

 エコモードで、消費電力を抑えることも可能です。販売価格は2万円前後です。

ダイニチ「加湿器 HD SERIES」

 ダイニチの「加湿器 HD SERIES」は、4つの運転モードを搭載している加湿器。設定湿度になるよう自動調節し加湿する「標準」、就寝時にも使える「静音」、気化式に切り替えて、消費電力を抑える「エコ」、湿度を高いレベルで保つ「のど・肌」の4種類が選べます。

「加湿器 HD SERIES」 ダイニチ「加湿器 HD SERIES」(出典:Amazon

 適用床面積は、木造和室で約8.5畳、プレハブ洋室で約14畳です。「おやすみ加湿」というモードも便利ですよ。

 眠りにつくまでの最初の1時間は13dBという極めて静かな運転音で加湿を行い、1時間経過後に、静音性を維持しつつ加湿量をアップさせ、寝ている間も室内の潤いを保ってくれます。

 その他、チャイルドロックや給水サイン、切タイマーなどの機能が付いています。販売価格は1万8000円前後です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング