メディア
製品比較
» 2021年11月12日 23時03分 公開

どの「iPad」を買う? 現行機種からあなたにぴったりの1台を選ぶ【2021年最新版】

「iPad」や「iPad mini」の新モデルが登場し、この機会に購入や買い替えを検討している方も多いのではないでしょうか。「iPad Pro」「iPad Air」を含めた現行iPadシリーズのラインアップを確認しつつ、ニーズに合わせてどのiPadがぴったりなのか、選び方のポイントをチェックしましょう。

[Fav-Log]

 「iPad」や「iPad mini」の新モデルが登場し、この機会に購入や買い替えを検討している方も多いのではないでしょうか。

iPadシリーズ。左から「iPad Pro」「iPad Air」「iPad」「iPad mini」 iPadシリーズ。左から「iPad Pro」「iPad Air」「iPad」「iPad mini」

 「iPad Pro」「iPad Air」を含めた現行iPadシリーズのラインアップを確認しつつ、ニーズに合わせてどのiPadがぴったりなのか、選び方のポイントをチェックしましょう。

iPad選び:持ちやすさで選ぶならやっぱり新型iPad miniは

 9月に発売された「iPad mini」の第6世代モデルは、ホームボタンが無い新世代デザインを採用。新たに第2世代の「Apple Pencil」にも対応し、端末側面にペンをマグネットで固定しつつ充電できるようになりました。カラーバリエーションも上品な4色から選択できます。

「iPad mini(第6世代)」 「iPad mini(第6世代)」

 最大のメリットはなんといってもそのコンパクトなサイズ感。8.3型ディスプレイを搭載したボディは、片手でもしっかりとホールドできる幅です。さらにApple Pencilがあれば、立ったままメモを取ったり、スケッチを行ったりすることも快適です。

 重さは293〜297gとiPadシリーズの中で最も軽く、長時間手で持っていても疲れにくいでしょう。動画や電子コミックを楽しむビューワーとして適しています。

 一方、外部機器用の接続端子「Smart Connector」がなく、拡張性の面でやや制限も。外付けキーボードを利用するとキーピッチが狭く入力しづらい面もあります。

iPad選び:コストで選ぶならiPad

 同じく9月発売の「iPad(第9世代)」は、Wi-Fiモデルが3万9800円(税込、以下同)と価格の安さが一番の魅力でしょう。

「iPad(第9世代)」 「iPad(第9世代)」

 10.2型ディスプレイは、タブレットとしては標準的なサイズ。Webや動画、電子書籍を見るビューワーとしてはもちろん、手書き入力する場合や外付けキーボードを装着した場合も、サイズと使い勝手のバランスがよくコストパフォーマンスの高さが際立ちます。またSmart Connectorもあり、選べるキーボードアクセサリーも豊富です。

 全体のデザインは旧世代のもので、指紋認証センサー「Toucu ID」搭載のホームボタンがあり、コネクターもLightningを採用(ほかのモデルはUSB Type-C端子)。ケーブル類をiPhoneと併用できる点は有利ですね。

 また対応するApple Pencilは第一世代のみ、カラーバリエーションはシルバーとスペースグレイの2色のみです。

iPad選び:キーボード+手書きも重視ならiPad Air

 2020年10月発売の「iPad Air(第4世代)」は、ホームボタンのない新デザインを採用し、鮮やかな色を含む5色のバリエーションを展開します。

「iPad Air(第4世代)」 「iPad Air(第4世代)」

 第2世代のApple Pencilに対応するほか、Smart Connector対応のキーボードも利用でき、キーボードのペアリングや充電管理が容易になるのもポイント。

 そのため、ビジネスパーソンや学生が「少しパワフルにペンもキーボードも使いたい」という場合には最優先で検討しておきたい候補。書類ファイルの作成や手書きメモ、ビデオ通話視聴、簡単なお絵描きや図解作成などに利用したいという場合に、性能と拡張性の良さが光ります。

 一方で、上位モデルのiPad Proと比べると、ディスプレイ性能に差がある部分があります。本格的なイラストやデザインを手掛けるなら、ペン先を素早く走らせた場合に、描画される線が表示されるまでに遅延を感じることがあるでしょう。

iPad選び:iPad Pro(11型)は取り回し重視

 シリーズ最上位に相当するのが「iPad Pro」。サイズは11型モデルと12.9型モデルの2種類があります。

「iPad Pro(11型)」 「iPad Pro(11型)」

 この11型は持ち運びの良さが大きなメリット。高性能なiPadが欲しくて、さらにどこでも作業したい――という場合におすすめです。

 Proシリーズは、チップセットが「Mac」シリーズに搭載されたのと同じ「M1」シリーズに変わっています。さらに、超広角のカメラ撮影が可能になっていたり、Thunderbolt 3/USB 4対応コネクターで周辺機器との高速なデータ転送が可能なことも覚えておきたいポイントです。

 選択できるストレージの上限も2TBまで選べるので、本格的な動画編集なども行いやすいでしょう。ただし、購入するモデルによっては、費用が高額になってきます。

iPad選び:iPad Pro(12.9型)は大画面+パワフルさを重視

 より大きな画面でパワフルに使うなら、12.9型ディスプレイのiPad Proがおすすめ。例えば、イラストや漫画を描いたり、クリエイティブツール、デザインツールを駆使するなら、このサイズ感を選ぶメリットが大きいでしょう。

「iPad Pro(12.9型)」 「iPad Pro(12.9型)」

 また映像制作や写真編集などに関わるクリエーターなら、ピーク輝度1600ニトと明るく、HDR表示対応の「Liquid Retina XDRディスプレイ」を備えている点も要チェックです。これは12.9型モデルだけの機能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.