メディア

「登山リュックはフレーム入り、フレームレスどっちがいいの?」よくある質問に元登山ショップ店員が回答 メリット・デメリットを紹介

» 2023年10月25日 16時00分 公開
[おかだあきほFav-Log]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「登山リュック(ザック)」にはさまざまなタイプがありますが、大きくフレーム入りのものとフレームなし(フレームレス)のものとに分けられます。それぞれ構造や重さなどが異なり、おすすめのシーンも変わってきますが、具体的なメリットやデメリットを知らない人も多く、なんとなく選んでいる人も多いもの。

登山リュック・フレームの有無 それぞれの特徴から自分にぴったりの登山リュックを選ぼう

 そこで今回は、元アウトドアショップスタッフの筆者が、登山リュックのフレームの有無によるメリット・デメリットを紹介します。リュック選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください!

おかだあきほ

おかだあきほ

フリーランスのライター・編集者。元アウトドアショップ店員。富士登山をきっかけにアウトドアにはまり、登山やキャンプ、トレイルランニングなど幅広いアクティビティを一年中楽しんでいます。自身の山体験や、店員時代の接客経験を生かし、リアルで深い内容を発信!リモートワーカーのため、仕事や日常を快適かつ生産的に行うためのガジェット選びも得意です。

→著者のプロフィールと記事一覧

そもそも、登山リュックのフレームとは?

 登山リュックのフレーム(インナーフレーム)とは、背面にあるかたい骨格のことです。荷物を入れる部分から少し離れて付いており、背中の形状に合うように湾曲しているものが多いものの、そのデザインや構造はブランドによってさまざま。また、アルミやプラスチック、チタンなど、使われている素材も多様です。

登山リュック・フレームの有無 右がフレーム入りリュック、左がフレームレスリュック

 登山リュックは、フレームの有無で大きく2つに分けられます。メジャーなアウトドアブランドではフレーム入り登山リュックの方が多く流通しているため、登山リュック=フレーム入りというイメージの人も多いのではないでしょうか。

 一方、ウルトラライト(軽量な荷物を背負ってアウトドアに行くこと)志向の人が増えてきたこともあり、フレームのない登山リュックも人気が高まっています。

今売れている登山リュックをチェック

フレーム入りリュックのメリット:荷物の重さを分散&ムレにくい

登山リュック・フレームの有無 かたいフレームで荷物をサポート

 フレーム入りリュック最大のメリットは、荷物を型崩れすることなく支え、重さを分散することです。かたいフレームのおかげで、中に入れる荷物によってリュックの形が変わったり、荷物が背中に当たったりすることがなく、背負い心地が一定に保たれます。

 そして、荷物の量や入れ方にかかわらず、ショルダーハーネスとウエストベルトに重さを分散させることができるため、体に負担がかかりにくいというわけです。

登山リュック・フレームの有無 ウェストベルトに重さを分散することで体への負担を軽くする

 小学生が使うランドセルのショルダーハーネスと背面がしっかりした作りなのは、荷物の重さによって子どもの背骨や脊柱(せきちゅう)が歪まないようにするためといわれますが、フレーム入りリュックも同じような働きがあるといえるでしょう。

 背中とリュックの間に空間ができることで、空気の通り道ができ、背中がムレにくいのもメリット。ドイターのリュックのように、ブランドによっては独自のフレーム形状を採用して最大限通気性を高めているものもあり、背中のムレや汗ジミ、暑さに悩む人におすすめです。

登山リュック・フレームの有無 ドイター フューチュラプロ38SL女性用 D3401221Q(出典:Amazon

筆者が使用している「フレーム入りリュック」はこちら

  • GREGORY(グレゴリー) ディバ60(プラムレッド)レディース S(60L)
登山リュック・フレームの有無 GREGORY(グレゴリー) ディバ60(プラムレッド)レディース S(60L)(出典:Amazon

 テント泊登山にも対応できる60Lの「ディバ60」。体型に合わせてショルダーハーネスやウエストベルトの角度が調整できるのも魅力です。

フレーム入りリュックのデメリット:リュック自体が重くかさばる

 フレームにはアルミやプラスチックなどを使うことが多いため、リュック自体が重いのが気になるところ。容量によりますが、荷物を入れていなくても1kg〜2.5kgほどあるため(フレームレスリュックの重さはその半分ほど)、なるべく軽いものを持ちたい人には大きなデメリットとなります。

 重さを各ハーネスで分散しているものの、長時間歩き続けたり、リュックの背面が体に対して長すぎたりするなど、体型に合わないものを使うと腰や肩が疲れてしまう人もいます。

登山リュック・フレームの有無 フレーム自体がやや重いのが難点

 また、かたいワイヤーなどが入ったフレームやウエストベルトは折りたたむことが難しいため、自宅で収納する際にかさばるデメリットも。小さく折りたたんで収納しておきたい人は、フレームレスリュックの方がよいかもしれません。

フレームレスリュックのメリット:リュック自体が軽量&普段のリュック感覚で背負える

 背面にかたいフレームのないフレームレスリュックのメリットは、とにかく軽いことです。フレーム入りモデルの半分ほどの重さで、容量にもよりますが1kg以下のモデルが多数。薄手で軽量な生地を使い、ポケットも最小限のモデルが多いため、なるべく軽量化したい人に人気があります。

 軽量のギアを使うなどして荷物をなるべく減らすことで、肩などへの負担を最小限にして、体力の消耗を抑えて長く歩くことができるなどの強みがあります。

登山リュック・フレームの有無 一般的なリュックのように違和感なく背負えるフレームレスリュック

 背面やショルダーハーネス、ウェストベルトがしなやかで体になじみやすいのもメリット。背負い慣れた街用のリュックと同じような構造のため、違和感なく背負いやすいのです。

 シンプルなデザインのものが多く、見た目がゴツすぎないのもポイント。筆者はフレームレスリュックを普段の買い物にも使用しています。普段着にも合わせやすく、街でも浮かずに使えますよ!

フレームレスリュックのデメリット:荷物量によっては重く感じる&蒸れやすい

 リュック自体が軽量なフレームレスですが、荷物を入れすぎると重く感じ、体に負担がかかってしまうことも。肩や腰で荷重を分散させるフレーム入りリュックとは異なり、肩のみに重量がかかるモデルがほとんどであるため、荷物が多いほど肩にずっしりと重さがのしかかり、体を痛めてしまう可能性があります。

登山リュック・フレームの有無 背面が背中にベチャッとくっついて蒸れることも

 モデルによっては耐荷重や快適に背負える推奨重量が決められているものがあるため、それを超えないように荷物量を抑えることが重要です。適切な重さがわからなければ、ショップの店員さんに聞いてみましょう。

 荷物が多い、または減らせないことを自覚している場合は、重さを分散するフレーム入りリュックの方が適切な場合があります。

登山リュック・フレームの有無 ムレを最小限に抑える背面パッドの使用もおすすめ

 フレームと背中に隙間があることで通気性を担保できるフレーム入りと異なり、フレームレスの多くは背面と背中がぴったりくっつくのも気になるポイント。熱がこもってムレやすく、暑いと感じることもあります。そのため、暑がりや汗っかきの人にとっては大きなストレスになることも。

 なお、背面には取り外し式のパッドが入っている場合がほとんどで、汗をかいたら洗うことも可能。ブランドによっては通気性の高い素材を使ったものも販売されています。

おすすめの「フレームレスリュック」はこちら

  • トレイルバム バマー

 重さわずか430g(本体380g、背面パッド50g)のシンプルなモデル。幅が広いショルダーハーネスが体に食い込みにくく、重さを分散します。

登山リュック・フレームの有無 トレイルバム バマー(出典:Amazon

今売れているアウトドアジャケットをチェック

無料でお試し 音楽聴き放題!

Apple Gift Cardで、楽天ポイントがたまる・使える!

Google Play ギフトコードで、楽天ポイントがたまる・使える!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. カシオ、シチズン、セイコーだけじゃない! 人気ブランド「ソーラー腕時計」おすすめ4選 8000円で買えるアウトドアテイストのモデルに注目【2024年2月版】
  2. 【付録】自然と整理上手になれる 9ポケットの「ハーフムーンバッグ」が発売 見た目もすっきりなシンプルブラック
  3. ズボラが「ホットクック」を3年使ってみた正直な感想 気になる点やよく誤解されることなど 何やかんやでカレーや肉じゃがをざくざく作れて便利
  4. 【付録】便利すぎる「3WAY付録バッグ」が登場 リュック・トート・ショルダーバッグに変身! 毎日使っても飽きないシンプルバッグ
  5. 【付録】カードの整理に便利な「付録マルチケース」が登場 財布機能も付いた、優秀ケースは要チェック
  6. 今売れている「シチズン プロマスター」おすすめ&ランキング 陸海空で活躍するアウトドア&スポーツウォッチ!【2024年2月版】
  7. 今売れている「ソファベッド」おすすめ3選&ランキング 快適すぎる1つあれば幅広く使える便利アイテム【2024年2月版】
  8. 【付録】「スマホショルダー/ミニショルダーバッグ」4選 1000円台のアウトドアブランド高機能アイテムや高見えおしゃれアイテムなど【2024年2月版】
  9. 「長時間歩いても疲れにくいスニーカー」おすすめ4選 人気ブランドの定番から手頃なモデルまで【2024年2月版】
  10. 予約しておきたい「付録グッズ」5選 “ヤンオル”の財布が初登場! スマートな長財布は要チェック【2024年2月版】