Tips記事
» 2002年10月30日 16時52分 UPDATE

X上でWindowsキーを使いたい

[木田佳克,ITmedia]

 最近のキーボードは、Windowsロゴが刻印された「Windowsキー」を含むモデルが多い。このキーは、別にWindows上だけで利用できるものだとは限らない。X Window上で利用したい場合には、次のように設定しよう。

 まず最初に、それぞれのキーを押された際のキー番号を知っておく必要がある。

115 左側「Ctrl」と「Alt」の間にあるWindowsキー
116 右側「Alt」と「メニュー」キーの間にあるWindowsキー
117 右側「Ctrl」の左にある「メニュー」キー

 次に、それぞれのキーに役割を決める必要がある。右側のWindowsキーにカンマ「,」を割り当てるには、X上のターミナルで次のように指定すればよい。

$ xmodmap -e "keycode 115 = comma"

 Xのターミナル上で実行した場合には、ウィンドウマネージャを再起動する必要がある。以降も継続して設定を有効にしたい場合には、「~/.xinitrc」ファイルに上記の指定を記述しておけばよい。

 また、専用の「~/.xmodmaprc」ファイルを用意して次のように設定しておくのもよい(F13、14、15キーを割り当てている例)。

# cat ~/.xinitrc
xmodmap $HOME/.xmodmaprc

# cat ~/.xmodmaprc
keycode 115 = F13
keycode 116 = F14
keycode 117 = F15

 キーとキーコードの対応を確認するためには、X上のターミナルで「xev」と入力すれば、専用ツールで確認可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -